ライフハック

彼氏への不満を言えない彼女のための、上手な不満の伝え方

彼氏への不満を言えない彼女のための、上手な不満の伝え方

彼氏に不満があるけど……

彼氏とのお付き合いは順調でも、何もかも完璧に満たされているのというのは稀なこと。些細なことが目について、それが彼氏に対する小さな不満になることだってありますよね。でも、彼氏に対して不満があるのに、それを上手に伝えられない彼女さんって意外と多いんです。どうして不満なのにそれを彼氏に言わないのか、彼女さんなりの理由があるのですが、上手に伝えて、より円満にお付き合いしていくにはどうすればいいのでしょう、ご紹介いたします。

彼氏に不満が言えない理由は?

彼氏に不満があっても、それを素直に伝えることができない女性は、実は3割以上いると言われています。実に3人に1人の割合で、彼氏に何かしらの不満を持っていても、それを伝えられず自分の中にしまい込んでいるというわけです。そんな彼女さんたちが、彼氏に不満を伝えることができない理由をご紹介いたします。

嫌われたくない

彼氏に不満を素直に伝えることができずに悶々としてしまう彼女さんに最も多い理由がこれ。不満をありのまま伝えると、彼氏に嫌われてしまうのではないか、わがままな女だと思われるのではないかという恐怖から、不満を言い出せなくなってしまうのです。ですが、この我慢は逆に別れの原因になることも。また、引き伸ばしてから不満を口にすると、彼氏からすれば、「どうしてもっと早く言ってくれなかった」ととられてしまうこともあるので、やはり不満は思った時にしっかり伝える癖をつけた方が無難です。

喧嘩したくない

不満を伝えて喧嘩になってしまうくらいなら、最初から言わない方がいい……。これも彼氏に不満が伝えられない彼女さんに多い特徴です。彼氏と喧嘩したくないというのは彼女であれば誰でも当然の心理であることは間違いないのですが、喧嘩を恐れるあまり、不満を伝えられず息の詰まるお付き合いを続けてしまっても、二人の将来に幸せはありません。どうしてもやめてほしいことがある、これだけは嫌だという部分があるのなら、時には喧嘩も辞さずに毅然とした態度で彼氏と話すことも必要です。

わざわざ言うほどではない

彼氏の行動や言動に不満があると言っても、そこまで声を大にして言うほどではない……、という場合も、不満を伝えるのを後回しにしてしまいがち。ひとつひとつの行動はそれほど気にならないにしても、後回しにしてしまうことで、不満に対するストレスを溜め込んでしまってある日突然爆発してしまうことも。「わざわざ言うほどでもない」というのは、「言わなくても分かるでしょ」というカップルのコミュニケーション不足にも繋がっていくので注意が必要です。

彼氏への不満を上手に伝えるには?

不満があるのにそれをなかなか彼氏に伝えることができないでいる女子は、基本的に彼氏に不満を言うことで今の関係が壊れてしまうのではないかということを一番に恐れています。でも、お話してきたように、不満を伝えないままズルズルと付き合っていても、いずれどこかで限界がやってくるでしょう。では、関係を壊さないように彼氏に上手に不満を伝えるにはどうすればいいのでしょうか。ご紹介いたします。

「長く付き合うため」と思う

あなたが彼氏に不満を伝えたいのはなぜでしょう。もしかすると不満を言うことで、その時は彼氏もムッとしてしまうかもしれませんね。でも、不満を言う最大の理由は、「彼氏とこれからもずっと仲良く付き合っていきたいから」のはずです。長く付き合いたい彼氏だからこそ、不満に思うことはしっかり伝えたい、その気持ちは何も間違ってなどいません。

本当に伝えるべき不満?

彼氏に対して不満を持っても、すべての不満を頭ごなしに伝えていけばいいのかというとそういうわけではありませんね。そのうち彼氏があなたの不満に慣れてきてしまい、改善すらしなくなってしまうかもしれません。まずは、彼氏に対するその不満が、本当に彼氏に伝えるべき不満なのか、そうでないものなのかを考えてみましょう。

責めるのではなく、気持ちを伝える

「どうしてもっと優しくしてくれないの!?」、「私にばっかり!」、「ちゃんと連絡して!」こんな責めるような言い方で彼氏に不満を伝えても、あなたの気持ちが上手く伝わることはなかなかないはず。不満を伝える時は、ただ責めるような内容でなく、その不満があることで悲しい、辛い、寂しいなど、あなたの気持ちをしっかり言葉に乗せて伝えるようにしましょう。責めるのではなく、気持ちをしっかり伝えることで、彼氏も怒られているわけではなく、あなたをそういう気持ちにさせてしまったと認識でき、改善に努めやすくなるはずです。

感情的にならない

不満を伝える時には、イライラしてしまうこともあるかもしれません。でも、そこで感情的になったり、ヒステリーを起こしてしまうと、彼氏もうんざりしてしまいますし、「そこまで合わないなら別れた方がいいかも」と考えてしまうかもしれません。あくまで彼氏への不満を伝える時は冷静に、淡々と伝えて、かつ気持ちを乗せるということを忘れないでおきましょう。

具体的に話す

ただただ不満の内容だけを伝えても、内容によっては彼氏もそれについてどう改善していけばいいか分からないものだってあるかもしれません。彼氏に不満を伝える時は、同時に、その部分をどんな風に改善すればあなたにとって好ましいのかということも一緒に伝えるようにしましょう。どうしてほしいかをちゃんと伝えることで、彼氏の中でも改善のイメージが具体的になって実践しやすくなるからです。

イライラしてる時に話さない

イライラしてる時に話さない

お互いに忙しかったり、イライラしているタイミングに不満をぶつけられてしまうと、余計にイライラが募ってしまう場合がありますので、彼氏に不満を伝えるタイミングはあくまで二人ともに穏やかで機嫌がいい時を狙うのがベスト。機嫌がよかったり楽しいタイミングなら、冗談交じりでも不満の内容を伝えやすくなります。殺伐とした雰囲気で伝えるより何倍も伝わりやすく、かつ言いやすいはずなので伝えるタイミングもしっかり熟考しましょう。

小出しにして伝える

彼氏に対する不満はひとつだけとは限りません、むしろ、付き合っているうちに最初はいいと思っていたけれど、徐々に不満が目についてくる方が普通です。その不満をずっとため込んでしまうとお互いにストレスになりますので、大きくならないうちに小出しに伝えていくというのも大きなポイント。ひとつひとつの不満の種が小さければ小さいほど伝えやすいので、ため込む前に処理してしまうわけです。小さいことなら、お互いの関係にヒビが入ることも少ないですし、軌道修正も簡単。不満の芽は大きくならないうちに摘んでしまいましょう。

普段からコミュニケーションをとる

不満をため込んでしまうカップルの特徴のひとつに、慢性的なコミュニケーション不足があります。そもそも普段のお付き合いの中からしっかりコミュニケーションがとれていれば、不満があってもそれをその場ですぐに伝えることができれば、ため込むことも引きずることもありません。言えなくなる、ため込んでしまう……という彼女さんは、彼氏に思ったことをしっかり伝えられているか、無理に彼氏に合わせて付き合っていないかを振り返ってみて下さい。

不満は伝えた方がいい

彼氏に対する小さな不満を見つけた時、一般的には、それを伝えた方がいい場合の方が多いです。特に、今の彼氏のことが好きで、これからも長くお付き合いしていきたいと考えているのなら、お互いに不満に思うことや気に入らないことがあったらそれをシェアできる関係が恋人として理想のはず。どうしても変えてほしい不満があるのなら、これを機会に彼氏と共有できるように努力していきましょう。

【PR】
アドバイスで彼の反応がここまで変わる!!

《ヤバい、好きな人がどう思ってるかわかるかもw》

「教えてもらったとおりにしたら、好きな人と話しやすくなった」(19歳 大学生♀)
「ずっと既読無視されてたのに、話し方を変えただけで返事がくるようになった」(26歳 事務♀)
「アドバイスされた通りのことを実践するだけで、ここまで彼の反応が変わるのかと参考になりました!!(笑)」(21歳 フリーター♀)

もう恋愛で失敗したくないあなたへ! 期間限定のチャンスを見逃さないで!

《お試しで診断してみる》

人気のキーワード

KEYWORD

ライフハックの人気記事ランキング

CATEGORY RANKING

今月の人気記事ランキング

RANKING
ページトップへ