ライフハック

彼氏がダサくて辛い……、カッコよく改善する方法は?

「彼氏がダサくて辛い!」というお悩み。すごくいい人なんだけど、将来も前向きに考えられる彼氏だけどなんか、「ダサい」んです。ダサい彼氏あるあると、おすすめの改善方法をご紹介していきます。彼氏がダサくて悩んでいる彼女さんは一見の価値ありです。

彼氏がダサくて辛い……、カッコよく改善する方法は?

いい人だけどダサいんです!

付き合っている彼氏に対するちょっとした不満は、どんなに仲のいいカップルでも一つや二つはあるものですよね。その不満の中でもよく聞かれるのが、「彼氏がダサくて辛い!」というお悩み。これは、人柄もよく優しく真面目で周囲からも、「いい人だね」と褒められる、そんな彼氏に限ってありがちな問題です。すごくいい人なんだけど、将来も前向きに考えられる彼氏だけどなんか、「ダサい」んです。ダサい彼氏あるあると、おすすめの改善方法をご紹介していきます。彼氏がダサくて悩んでいる彼女さんは一見の価値ありです。

服装がワンパターン

ダサいと一言でいってもその実態はいろいろですが、「服装がいつもワンパターン」というのはダサい彼氏にほぼ共通している要素です。彼氏といつ会っても似たような服、同じような組み合わせ、「とりあえず無地のパンツにチェックのシャツ着てジャケット重ねればどうにかなるって思ってるでしょ?」と詰め寄りたくなるくらいワンパターンな男性、実はかなり多いのです。これは、ファッションに自信がなく自分でもダサいと自認している男性に多く、「変に冒険してもどうせダサいから無難にしよう」という思考によるものです。そのため、定番のパターンだけでコーディネートを完成させようとするので、いつも同じ服装になってしまうわけです。

全身をブランドで固める

これは、服装がワンパターンな場合とは真逆の、自分はおしゃれだと思いこんでいる男性に多いダサさです。服が好きで、おしゃれに詳しいと自負し、ファッションに対してやたらと自信を持っていたりします。服から靴、帽子や腕時計までゴテゴテにブランドで固め、「このブランドは……」と口を開けばうんちくを語る……、こんな男が彼氏だったら、一緒にいるとちょっと恥ずかしいはず。また、この手の彼氏は女性のファッションにもうるさいのが特徴で、デートの時の女性の服装にダメ出しばかりしてくることも。そのくせ、自分は人からのアドバイスを聞き入れないので、この手の彼氏はダサいのみならず、めんどくさい男でもあります。

上下のバランスが悪い

ファッションのコーディネートは全体のバランスが大切ですが、ダサい男性はどうしたらそのバランスがとれるのか、どんな組み合わせならバランスがとれていることになるのか、その辺りがいまいちピンとこないのです。なのでデートの日、きちんとしたスラックスになぜか部屋着のようなトレーナーを着てみたり、上下とも柄ものを着たり、ちぐはぐな服装になってしまうケースがよくあります。平日はスーツで働いている男性の場合、オフの日にならないとこのダサさが判明しないため、付き合ってみて初めて彼氏がダサいとわかり幻滅した……という話も後を絶ちません。

年相応の服装ができない

年相応の服装ができないことも、ダサい男性によく見られる特徴です。この年相応というのは少し難しく、実年齢に対して若すぎる服装もダサいし、必要以上に老けた格好もおかしいものです。実年齢より若い服装をしがちなのは自称おしゃれな男性に多く、若い時のコーディネートがかっこいいと信じこんでいて、そこから大人の服装にシフトするきっかけを逸したまま来てしまうのが大半。そして、老けた格好をしがちなのは、母親に服を選んでもらっていたタイプの男性に多い傾向です。お母さんがお父さんの服と一緒に買ってきた服をそのまま着ていた……、という場合、自分自身のセンスが培われないままきてしまいます。どちらのケースでも、自分の彼氏だと辛いですよね。

オシャレに興味がない

そもそもおしゃれに全く興味がなくて、結果ダサくなってしまっている男性もいます。「服なんて着られればいい」と考える男性も最近は少なくなく、仕事上、ネクタイがピンとしていてスーツにシワがなく、靴下に穴が開いてなければそれでいいだろう、という持論を展開したりします。でも、これはある意味そのとおりで、清潔感さえあれば、別にそれ以上おしゃれにならないといけないわけではありません。彼氏がこのタイプの男性だった場合、ダサいからと女性がおしゃれを提案しても、逆効果に終わってしまう可能性も。しつこく言いすぎないように注意が必要です。

見た目のダサさを改善するには?

いわゆる、「ダサい男性」の要素のほとんどは、ご紹介したあるあるに代表されるものが大半です。この中のどれかであったり、また複数のダサい特徴を重ねて持っている男性もいるでしょう。では、彼氏がダサい男性だった場合、どうすれば効果的に見た目のダサさを改善させることができるのでしょう。次からダサい彼氏の見た目を改善するためのアイディアをご紹介しますが、注意として、くれぐれも強引に話を進めないこと。彼氏が自信をなくすような言葉は言わないように気をつけましょう。彼氏の今の服を勝手に処分したりするのも絶対にNGです。彼氏の今の姿を否定するのではなく、「もっとかっこよくなって欲しいから」という気持ちを前面にだせば、彼氏も前向きに改善にとり組んでくれるはずです。

一緒に買い物に行く

ダサい彼氏をおしゃれに改善させたいなら、一緒に買い物に行くのは外せないポイントです。おしゃれに自信のない男性はとにかく、「服を買いにいくこと自体が苦手」です。売り場で服を見てもよくわからないし、試着するのも何だか照れくさい、「服を買いにいく服がない」、服屋に行くのが億劫でそう主張する男性は結構いるものです。そして、これも意見が分かれるところですが、ダサい彼氏は、「彼女と一緒ならおしゃれな店でも買い物できる」派と、「彼女と一緒に服を買いにいくのも恥ずかしい」派に大別されます。彼女と一緒に買い物に行けるタイプの彼氏ならいいのですが、そうでない彼氏の場合、無理やり連れだしても逆効果。この場合は、通販のサイトやカタログを一緒に見て、セレクトしてあげましょう。

反面教師を見つける

ダサい彼氏の多くは、自分のダサさをあまり客観視できていないものです。「まあ普通っしょ」、「すごくおしゃれではないけど、こんなもん」彼氏が自分のことをそのように思っている場合、彼女がアドバイスしてもなかなか本気では聞いてくれません。そんな時は、彼氏以上にダサい男性を反面教師として見てもらうというのもひとつの手段です。芸能人がテレビ番組で私服を明かしている時などはチャンスで、「衣装はかっこいいけど、私服はちょっとダサいね」、「あなたはこの人より “まだ” ダサくないから、もっとかっこよくなれるよ」などと、雑談にかこつけながら彼氏に自分を客観視させ、服装に意識を向けさせると効果的です。

「ダサい」の定義を理解させる

前述と重なりますが、ダサい男性は自分がどんなふうにダサいのかがあまり分かっていないことがあります。なので、「ダサい」というのがどんな状態なのか、そこをはっきりさせると彼氏の中に明確な判断基準が生まれ、それによって自分を客観視できるようにもなっていきます。「ダサい」というのは感覚なので一般的な基準があるわけではないですが、今っぽくないとかおしゃれじゃないなどの指針を、彼氏へ徐々に理解してもらうといいでしょう。一緒に街へ行った時に人を観察したり、芸能人などを反面教師にしたりしながら、彼氏に「ダサい」の定義を知ってもらうと、そこからの改善はぐんと弾みがつくでしょう。

アドバイスはしすぎない

アドバイスはしすぎない

ダサい彼氏をおしゃれに変えたいと願うあまり、何かにつけてアドバイスばかりしたり、助言のつもりがダメだしになってしまうのはよくありません。彼氏だっていくら彼女からでも、自分のことを思って言ってくれているアドバイスであっても、ずっとそればかり聞いていると嫌になってきます。こればかり繰り返すと喧嘩の原因に発展しかねません。ファッションについて彼氏に一つアドバイスをしたら、そのあと三つは彼氏の話を聞いたり、彼氏のいいところを伝えたり、好きな気持ちをちゃんと表したりして、最低限のフォローは欠かさないようにしましょう。

一気に変えようとしない

これも非常に大切なことです。大前提として、彼氏は恋人であっても自分とは違う人間で、もとは他人です。それを、自分の彼氏だからといって何もかも一気に変えようとするのは、いくらなんでも横暴に過ぎます。彼氏自身の意思や好みだってありますし、それをダサいからと言って変えさせようとするのは禁物。彼氏が、「本当はもっとかっこよくなりたい」、「できればダサさを改善したい」と感じていて、そのためのサポートを必要としている時にこそ、彼女からのアドバイスは真価を発揮するのです。彼氏自身がダサさを払拭したいと決意してくれるのが一番ですが、すぐにそうならなくても焦らず、彼氏の見た目以外の素敵さにも目を向けるといいですね。

ショップ店員に相談する

彼氏と一緒に買い物へ行った際などに、ショップの店員さんに「これに合わせるならどんな色がいいですか?」とか、「このアウターに合うコーディネートはどうしたらいいですか?」など、助言を求めてみましょう。彼女のアドバイスだと半信半疑の彼氏も、プロの目線での助言には一目置いて聞き入れることもあります。そうして選んだ組み合わせで、彼氏が「本当におしゃれになった!」と実感できると、彼氏自身のモチベーションでおしゃれに目覚めることも多いのです。そうなれば、もっと二人でおしゃれを楽しめますね。

変えてくれたら褒める

アドバイスをしたことを彼氏がとり入れて徐々にダサさから脱却されてきたら、そのことをその都度、うんと褒めてあげるのを忘れないようにしましょう。服装などの自分の生活の基盤を、大人になってから変えるのは大変なことです。周りから見ればちょっとした変化でも、本人にとってはものすごく大きな変化。それを彼氏が実行してくれたということは、それは彼女に対する愛情と信頼以外の何ものでもありません。それに男性は、好きな女性から褒められるとどんどんやる気がでて、もっともっと頑張れるものなのです。「最近すごくいい感じだね」、「かっこよくなったね」そんな一言が、ダサかった彼氏をみるみるかっこよくさせるはずです。

やる気次第でいくらでも改善可能!

「彼氏がダサい」という悩みは、いくらでも改善の可能性と方法があります。何より、彼氏にかっこよくなって欲しいと願うのは、彼氏のことが好きだからに決まっています。その気持ちを彼氏へ伝えられれば、彼氏ももっとかっこよくなりたい!という気になります。ただ、彼氏がダサいままだという場合も悲観しないこと。彼氏の服装がダサいのは、ある意味で究極の女性避けになります。いい人タイプの優しい男性は、その気がなくても他の女性に流されてしまう危険がありますが、見た目がダサいと寄ってくる女性を減らせます。彼氏のかっこよさは彼女だけが知っていればいいのですから、ダサさにとらわれず彼氏自身の美点を大事にしていきたいですね。

【PR】
アドバイスで彼の反応がここまで変わる!!

《ヤバい、好きな人がどう思ってるかわかるかもw》

「教えてもらったとおりにしたら、好きな人と話しやすくなった」(19歳 大学生♀)
「ずっと既読無視されてたのに、話し方を変えただけで返事がくるようになった」(26歳 事務♀)
「アドバイスされた通りのことを実践するだけで、ここまで彼の反応が変わるのかと参考になりました!!(笑)」(21歳 フリーター♀)

もう恋愛で失敗したくないあなたへ! 期間限定のチャンスを見逃さないで!

《お試しで診断してみる》

人気のキーワード

KEYWORD

ライフハックの人気記事ランキング

CATEGORY RANKING

今月の人気記事ランキング

RANKING
ページトップへ