ライフハック

もう騙されない! 不倫する既婚者男性の特徴と心理を解説します

もう騙されない! 不倫する既婚者男性の特徴と心理を解説します

既婚者なのに不倫をする男性の特徴は?

いつの時代も、不倫のニュースが世の中を騒がせることがありますよね。不倫の恋と縁がない人はその度に、「どうして不倫なんてしちゃうの?」と思いますが、不倫の恋は徐々に深みにはまって、抜けられなくなってしまいやすいものなのです。特に、独身女性が既婚者の男性と不倫に陥るケースがたくさんありますが、これは相手が既婚者と知らずに付き合い、気がついた時にはもう相手から離れられなくなってしまっている場合も多く、どんな独身女性にとっても他人ごとではない問題です。そんな、不倫をする既婚者男性の特徴と心理を知って、独身女性が不倫の恋に落ちてしまうのを防ぐ方法を考えていきましょう。

彼の自宅に招待されない、行けない

付き合っている男性に、「そろそろおうちに行ってみたいな」と言ってもはぐらかされたり、「また今度ね」、「散らかってるから……」などとかわされてしまう時は、少し怪しいサインといえます。何もやましいことのない独身男性で、実家暮らしでもなければ、普通は彼女を家へ呼ぶことに問題などないはずですよね。なので、家に女性を呼ぶことを渋るのは、相手が既婚者男性である可能性を示す行動の代表格です。家に呼んでくれないだけでなく、家がどの辺りか、住所も教えてくれようとしない場合も、相手が既婚者男性で、そのことを隠しての交際である危険性が高くなります。

連絡はマメだけど電話はとらない

向こうからLINEやメールはこまめにくれるのに、こちらから電話をした時スムーズにでてくれたことがないという場合も、彼が既婚者男性である可能性を示唆しています。日中、仕事の時間帯に電話をとらないのは仕方がないですが、休日や夜間に電話してもまずでない、でても声が小さいなど明らかに様子がおかしいなら、家庭を持つ既婚者男性である確率が高いでしょう。あるいは電話中にいきなり、「ごめん、ちょっと切る」と切られたり、彼と会うと優しいのに電話ではよそよそしい態度の場合も、やはり既婚者男性である疑いが濃厚になります。

写真を撮るのが嫌い

彼が既婚者男性だった場合、全ての行動は、「不倫の証拠を残さない」ことを軸にとられているはずです。だから、彼女と二人で写真を撮ることを極端に避けたり、撮った写真を残すことを嫌がる傾向が見られるはずです。さらに、デートや旅行先でも記念の写真を頑なに嫌がったりします。もともと写真が苦手という男性ももちろんいますが、既婚者男性の場合、とにかく女性とツーショットの証拠を避けようとするので、街でテレビ局がでているところに通りかかった時などもすぐにその場を離れようとすることがあります。この行動が見られたら、かなりの確率で彼は既婚者男性の可能性が濃厚になります。

会う時間は昼間ではなく夜中

彼と会える機会のほとんどが夜中という場合も、彼が既婚者男性である可能性を高めます。必ず深夜ではないにしても、普通ならデートに最適なはずの休日の昼間はまず無理、平日も夜の早い時間がほぼNGなら、彼が既婚者男性で、そして子供もいることが考えられます。休日や夜は家で妻や子供と過ごし、その後の時間で不倫をする男性は少なくないのが現実。この場合、女性も早い段階からちょっと怪しいかもと疑うこともあるのですが、彼に惹かれ始めていると、疑問はあってもついそのまま関係を進めてしまいがちです。関係が深まるとなおさら彼に家庭があるかどうかを確かめにくくなるので、現実に目を背けたまま交際を続けてしまいやすくなります。

身だしなみが整っている

これは、立場を変えてみると、妻が夫の不倫に気づくサインでもあります。家ではダラダラして適当な服装しかしない夫が、急に身だしなみを気にするようになった、と感じて浮気を突き止める妻は多いものです。既婚者の男性は、家庭での安心感はそのままに、ちょっとしたスリルやときめきを求めて不倫に手をだす場合が多く、そのため不倫を意識すると急におしゃれになります。それを独身女性が目にすると、「カッコいい大人の男性」に見えて、既婚者男性との不倫の恋が始まってしまうわけです。独身女性は、いやに生活感のない身だしなみが整った男性がいたら、念のため少し警戒する習慣をつけておくと安全です。

車の忘れ物に敏感

彼と車で出かけたり、会ったりした後、女性がうっかり彼の車に忘れものをしそうになると、すぐ気づいて指摘してくるのも既婚者男性に多い行動です。既婚者男性の場合、車は家族を乗せる機会も多く、昼間は奥さんが使っているケースさえあります。だからこそ、車に不倫相手の持ちものが残っていたら危ないので、常に女性が何か忘れないか、落とさないか気をつけているのです。何も知らないと女性はこの行動を見ても、「すぐ気づいてくれて優しい」とか、「私のことをよく見ててくれる」と好意的に受けとりがち。でも、この場合、既婚者男性は結局、自分の保身のことしか考えていないということなのです。

左手薬指に指輪の日焼けあとがある

不倫をしている男性で、結婚指輪をしたまま不倫相手と会う人はまずいません。女性も知り合った男性の手を見て、「この人は独身なのね」、「この人は奥さんいるんだ」と無意識に判断するものですが、指輪を外されると見た目ではその判断ができなくなります。ところが夏場など、指輪をしていない彼の手に、左の薬指だけ日に焼けずに白い部分があり、それが見える場合があります。指輪がなければ全体的に日に焼けるはずなのにその部分だけ焼けていないとなると、彼が普段そこに指輪をしている既婚者男性だということになります。既婚者男性は、まさかそんな細かいところまで見られていないだろうとたかをくくっていることも多いですが、女性の目は、細かいところこそよく見えるものですよね。

イベントの日に会えない

これも、彼が既婚者男性である場合、決定的な特徴です。普通のカップルなら最高のデート日和であるはずのクリスマスや彼の誕生日になぜか会えない。誘ってもダメだと言われる、せめてプレゼントを家に送ると言っても断られる……、となれば、彼が既婚者男性である可能性はかなり高くなります。仕事や出張なら会えなくても仕方がないですが、明らかにその日が休日だったり、イベント日に会いたいと言うと彼が気まずそうな様子を見せるなら、ほぼ確実に既婚者男性だといえます。家庭がある既婚者男性にとって、クリスマスや誕生日は家族で過ごす日です。子供にプレゼントを買ったり家族で旅行に行くなどの予定が入りやすく、その前後は彼が上の空になることも増えるでしょう。

落ち着きがある

特に若い独身女性が陥りがちなのは、「落ち着きのある大人の男性」に惹かれやすく、知らず知らずのうちに既婚者男性へ夢中になってしまう事態です。若い女性は、同年代の男性がガツガツしていたりチャラチャラして子供っぽく見えることも多く、落ち着きを感じさせる男性に憧れる場合があります。相手が年上でも独身であればいいのですが、中にはそんな若い女性を騙して付き合おうとする、タチの悪い既婚者男性もいるわけです。これは騙す男性が当然悪いのですが、女性の方もしっかり自衛して、むやみに男性へ身を任せず、よく相手を観察してから付き合わなくてはいけません。

なぜ不倫するの? 既婚者男性の心理は?

なぜ不倫するの? 既婚者男性の心理は?

既婚者男性にはいくつかの特徴や、行動から見えるサインがあります。でもそれらのサインは、客観的に見ないと分かりにくいものが多いです。女性はどうしても、「私の彼は違うよね」と思っていたいがために、彼が既婚者男性である特徴を見て見ぬふりでスルーしてしまうことが少なくないものです。そもそも、どうして既婚者男性が不倫をするかといえば、先にも触れましたが自分の家庭の安心感は保ったまま、少しのスリルや独身の頃のようなドキドキ感を味わいたいからです。さらには、家庭での責任やストレスを忘れるためなどいろいろあるのですが、既婚者男性が奥さん以外の女性に手を出す心理を次からご紹介していきます。

現実逃避したい

家庭を持つ既婚者男性は、いろいろと現実逃避したいようなことも多く背負っています。自分の家庭は大切だし失いたくないけれど、家のローンや教育費など頭の痛い問題も山積みで、その上、母親と妻がうまくいかないとか、会社でストレスやプレッシャーが多いなどの悩みやトラブルも尽きず、少しの間でもそれらを忘れてリラックスしたいと思いがちな状況というのは確かにあるものです。不倫の恋は、そんな状況にいる既婚者男性にとって、息抜きや気分転換になるいわば現実逃避のための清涼剤。だから、不倫に夢中になったとしても、家庭を捨てるような決断には、めったに至るものではなかったりするんです。

男として認めてられたい

また、既婚者男性が不倫の恋に向かう理由には、自分が一人の男として認められていたいと願う願望も関係しています。どんな男性も、家庭を持って既婚者になってしまえば、家では子供の父親であり外でも、「○○ちゃんのお父さん」と呼ばれる機会が増えます。妻からの呼び名も、「お父さん」とか、「パパ」に変わり、誰からも男として見られていないような気がして、むなしくなってしまう場合があるわけです。そんな既婚者男性にとって、不倫の恋人は自分を男として見てくれる存在。家庭を壊すつもりはさらさらないけれど、ひと時自分を男として扱ってほしい、そんな思いで既婚者男性は家庭の外の恋に目を向けているのです。

欲求不満

そして、なんだかんだ言っても結局のところは、欲求不満で不倫に走る既婚者男性が大半です。妻との関係がマンネリ化して倦怠期を迎えている場合や、妻が妊娠中や子育て中で構ってもらえないなどの場合、不倫の恋に欲求不満解消を求めるケースがままあります。本来は、家庭を持った以上そういう時こそ妻と助け合って家庭を円満にしていく気持ちが大切なのに、自分のことばかり考えているような男性は、外に逃げて自分だけ癒され、満たされようとするわけです。既婚者でありながら不倫に走る男性の多くは残念ながら、このように自分の利益しか考えない人だということができます。

既婚者とバラさずに付き合う男性も

不倫の恋に向かう既婚者男性は、自分が既婚者であることを女性に明かさないまま付き合うケースが非常に多いです。それは女性が独身の場合、既婚者だと分かると当然ながら交際に踏みこんでこないためで、女性と付き合いたいから独身だと嘘を言う既婚者男性は多くいます。逆に、相手の女性も既婚者であるいわゆるダブル不倫の場合は、お互い既婚者だと認識した上での関係が多くなります。これはその方が、お互いに警戒せず関係を持ちやすいためです。いずれにしても独身の女性は、安易に近づいてくる既婚者男性に気をつけましょう。既婚者男性を好きになってもまず将来はありません。不倫がばれれば大ごとになりますし、自分が傷つくだけなのです。

【PR】
アドバイスで彼の反応がここまで変わる!!

《ヤバい、好きな人がどう思ってるかわかるかもw》

「教えてもらったとおりにしたら、好きな人と話しやすくなった」(19歳 大学生♀)
「ずっと既読無視されてたのに、話し方を変えただけで返事がくるようになった」(26歳 事務♀)
「アドバイスされた通りのことを実践するだけで、ここまで彼の反応が変わるのかと参考になりました!!(笑)」(21歳 フリーター♀)

もう恋愛で失敗したくないあなたへ! 期間限定のチャンスを見逃さないで!

《お試しで診断してみる》

人気のキーワード

KEYWORD

ライフハックの人気記事ランキング

CATEGORY RANKING

今月の人気記事ランキング

RANKING
ページトップへ