ライフハック

男性に好意を持たれると「気持ち悪い」と感じる理由と克服法は?

男性に好意を持たれると「気持ち悪い」と感じる理由と克服法は?

なぜ男性に好意を持たれると「気持ち悪い」と感じるの?

多くの場合、女性は自分の嫌いな男性から好意を寄せられるとそれを嫌だと感じます。

しかし、男性から好意を持たれた際、それを「気持ち悪い」と感じる女性も決して珍しくありません。

男性からの好意を気持ち悪いと感じることには、必ず理由があり、そして克服する方法もあります。今回は、その理由と克服法をまとめていきます。

いやらしい目で見てほしくない

男性の好意が気持ち悪いと感じる理由の多くは、いやらしい目で見られたくないという女性の思いによるものです。この場合、男性の好意が全ていやらしい視線に感じられ、そういう目でしか自分が見られていないと思えて、抵抗が起きます。

確かに男性の中にはそういう人もいますが、好意には内面へ向けられたものやプラトニックなもの、尊敬の念などもあります。

この場合は、男性の好意の芯を見定めて、理解をしてみるといいですね。

自己肯定感が低い

また、女性が自分に自信が少なく自己肯定感が低い時も、男性からの好意を受けとめられず、気持ち悪いと感じることがあります。

これは別に、好意を気持ち悪いと感じるのは女性の方に原因がある」という意味ではなく、自己肯定感が低いと「自分なんかが好かれるはずがない」と考えやすいので、好意に抵抗がでてしまうということ。

少しずつでも自分を認め、自信がついてくると、男性や周囲からの好意も受け入れられるようになります。

理想の男性像がある

それと、女性が自分の中でかなり強固に理想の男性像を持っている場合も、それにそぐわない男性からの好意を気持ち悪いと感じたりします。

これは思いこみの強いタイプの女性に多く、自分の中の理想が絶対でそれに合わない男性なんて見るのも嫌、と考えていたりすることも。

理想があるのはいいことですが、現実には「理想そのもの」の男性はそうそういないので、このケースは現実を認めることが望ましいかもしれません。

追う恋が好き

そして、とにかく恋愛は追いかける恋が好きという女性も、男性から好意を寄せられると気持ち悪いまでいかなくても「ちょっとやだ…」と面倒に感じるようです。

恋は追いかけて振り向かせてこそ、という女性にとっては、相手から好意を持たれてもつまらないし、まさにありがた迷惑なのでしょう。

でも、こういう性格の女性が急に追われる恋にはまることもあるので、この場合はさほど問題でもないといえますね。

全く恋愛対象じゃない

また、特に深刻な理由はないけれど、単に好意を寄せてきた男性が全く恋愛対象ではなく、それでちょっと気持ち悪い、という女性もいます。

恋愛は二人でするものですが片想いは自由なので、男性は熱烈に好意を向け、女性はそれに全く心が動かない、ということも起こるわけですね。これは仕方のないことなので、この場合も問題にはならないでしょう。

過去にトラウマがある

過去にトラウマとなるできごとがあり、それが要因で男性の好意を気持ち悪いと感じる場合は、絶対に無理やり克服しようとしてはいけません。

トラウマはどんなに過去のものでも、その人の中で少しも「過去」になっていないことです。なので、それがあるまま、好意を気持ち悪く感じる今の感情だけを変えようとするのはかなりの負担になってしまいます。

この場合は、一人で解決しようとせず、必ずきちんとした医療機関を頼りましょう。

相手を信用できない

それとトラウマの有無に関わらず、好意を寄せる男性のことを信用できない場合も、当然気持ち悪いと感じてしまいます。これはその男性個人を信用できないケースと、男性全般を信じられないケースがあります。

男性個人を信用できないなら、その人をよく知り、信頼できる人物なのかを確認すればいいですね。男性全般を信じられない場合は、男性そのものによくないイメージがあり、それを払拭しなくてはいけない時もあるでしょう。

「男性に好意を持たれると気持ち悪い」と思うときの克服法

男性に好意を持たれると気持ち悪いと感じる女性には、このようにさまざまな理由が根を下ろしています。トラウマが関係するものは自己判断での克服は危険なのでおすすめできませんが、それ以外の場合は、自分で解決することが可能なこともあります。

ただ、好意を気持ち悪いと感じること自体は、どうしても解消しなくてはダメなことではないので、無理はしないようにしましょう。

その上で、以下の五つを試してみてくださいね。

ありのままの自分を認める

自己肯定感が低くて男性の好意を気持ち悪いと感じる場合、ありのままの自分を認めていくしかありません。徐々にでいいので、自分を好きになっていきましょう。

「自分なんか…」というのが口癖の人は、すぐそれをやめられなくても少しでも「自分も捨てたもんじゃないかも」と思えるといいですね。そこから自己肯定感を育て、「自分ってけっこういいな!」と感じられれば最高です。すると、外からの好意も受けとれるようになるはずです。

男友達を作る

男友達を作る

また、男性全般を信用できない人やいやらしい目で見られるのが嫌な人は、恋愛の前に男友達を作り、男性と交流することに慣れていくのがおすすめです。

趣味が同じ男性などと話してみると、いい人もいるんだなということが実感できるはず。男性としてというより、人間同士としてやりとりするうちに、信頼や好意も自分の方から持てるようになっていくかもしれません。

自分磨きをする

それと、自己肯定感が低くて男性の好意を気持ち悪いと感じる女性は、自分を好きになる一環として、自分磨きをするのも一法です。

何か目標を決めて、ジムやエステに通ったり、仕事のスキルアップのために資格取得を目指すなど、「自分を好きになる」ための新しい習慣を始めるわけですね。

そうすれば、気持ちがそちらに向くので小さいことは気にならなくなるし、頑張った自分を褒めたい思いも湧いてくるでしょう。

相手の本質をみる

男性を信用できなくて、好意を気持ち悪いと思う女性は、男友達を作ることとともに、相手の本質を見ることも意識するといいですね。人間は男女関係なく、本音と建前もあるし、誰だって人にはいい面を見せたいものです。

相手の本質を知ることで、その人が本当はどんな人なのか知れば、人として信頼できる人かどうかがわかります。

理想を追い求めすぎない

また、理想の男性像が強すぎて、それ以外の男性の好意を気持ち悪く感じる女性は、理想像を追いすぎないことも大切です。理想はないよりあった方がいいですが、それに縛られすぎるのは問題。少し理想を柔軟に持つだけでも、受け入れられる男性の数は増えるはずです。

例えば、「身長は絶対180センチ以上の人!」という理想なら「自分より背が高ければOK!」に置きかえる。これだけでも、恋愛対象になる男性は大幅に増えますよ。

自分に自信を持って素敵な相手と出会おう!

いずれにしても、男性から好意を持たれるのはあなたが素敵な女性だからです。その好意を、気持ち悪いと感じてしまう時もあるものですが、克服し受けとめられるようになればさらに素敵な未来に繋がっていくことも。

自分に自信を持ち、好意を寄せてくれた男性の本質を見極めて、信じられる男性との出会いを見つけてくださいね。

【PR】
アドバイスで彼の反応がここまで変わる!!

《ヤバい、好きな人がどう思ってるかわかるかもw》

「教えてもらったとおりにしたら、好きな人と話しやすくなった」(19歳 大学生♀)
「ずっと既読無視されてたのに、話し方を変えただけで返事がくるようになった」(26歳 事務♀)
「アドバイスされた通りのことを実践するだけで、ここまで彼の反応が変わるのかと参考になりました!!(笑)」(21歳 フリーター♀)

もう恋愛で失敗したくないあなたへ! 期間限定のチャンスを見逃さないで!

《お試しで診断してみる》

人気のキーワード

KEYWORD

ライフハックの人気記事ランキング

CATEGORY RANKING

今月の人気記事ランキング

RANKING
ページトップへ