ライフハック

甘え上手な人がやっているテクニックとは? これで男性もイチコロ!

甘え上手な人がやっているテクニックとは? これで男性もイチコロ!

男性が喜ぶ上手な甘え方

甘え上手な女性はトクをする、とよく言いますね。でも、甘えベタな女性にとっては「どうやったら甘え上手になれるの?」と悩んでしまいがち。

上手に男性に甘えることができれば男性から愛されるのはもちろん、男性だって嬉しいものなのです。

そこで、ここでは甘えベタの女性も甘え上手になれる、男性が喜ぶ甘え方テクニックをレクチャーしていきますね!

ちょっとしたお願いをする

甘えベタの女性が甘え上手になるには、男性にちょっとしたお願いごとをすることから始めるといいですね。これだけでも、甘えベタの女性にとっては抵抗があるかもですが、思いきってやってみましょう。

コツとしては、あまり構えずサラッと軽い口調で頼むこと。お願いしてみれば、男性の反応は思いのほか悪くないことがわかるはずです。

ほとんどの男性は女性から頼りにされるのが嬉しいので、喜んで聞いてくれますよ。

程よいボディタッチ

男性へお願いごとができたら、次は話の流れなどでほどよいボディタッチをしてみるのも一法です。甘えベタの女性にとっては急にハードルが上がった気がしますが、あくまでさりげなく、気軽な感じをイメージするといいでしょう。

甘え上手な女性は、適度なボディタッチに組み合わせて、自分の希望ややってほしいことを男性に伝えています。

もちろんボディタッチはやり過ぎもNGですが、あくまでソフトにやってみましょう!

弱っているときに頼る

それから、困った!という時に男性に頼ってみるのも甘え上手への道。

甘えベタの女性ほど、弱った時に自力で解決しようとしがちですが、そんな時こそ男性に甘えるチャンスです。

甘え上手の女性なら、「こんな時あなたしか頼れなくて…」などと言うこともあります。そこまで言えなくても、そういう空気を男性に伝えられれば成功です!

可愛いわがままを言う

これも、甘え上手の鉄板テクニックですね。男性に対して適度なわがままを言い、「かわいいな」と思わせることができます。

甘えるのが苦手で照れ屋な女性は、「そんなのムリ!」と思うかもしれないですが、これはやってみれば男性の反応は上々のはず。特に、普段あまりわがままを言わない女性がこれをやると、ギャップもあって男性はドキドキするんですよ。

分からないフリをして教えてもらう

また、小さいことですがこれも甘え上手のポイントといえます。

「わからなくて教えてほしいの」と男性に頼ることで、男性は女性の役に立てるので喜び、二人の距離もぐっと近くなるテクニックです。

負けず嫌いの女性は、わからないフリをして男に教わるなんてイヤ!という人もいると思いますが、男性にとってはかなり嬉しいことなのです。

素直に気持ちを伝える

そして、大好きな男性がいるなら、素直に気持ちを伝えることは何よりも大事です。これは、テクニックよりずっと男性の心を動かします。

ただ、素直になるにも甘えベタな人は、正直な気持ちを相手にぶつけるのがそもそも苦手な面があるので、その意味でも甘え上手になっておいた方がいいんです。

この他の甘え上手テクニックと合わせて、甘えながら素直になれるように意識してみてくださいね。

褒める

甘えベタさんでもトライしやすいのが、男性を褒めることですね。

男性のいいところを見つけて褒めながら、「○○さんはもの知りで頼りになりますね」とさりげなく頼ったり、「今度、もっと詳しく教えてください」と甘える気持ちを見せたりすると、ナチュラルに甘えることができます。

もちろん褒められた男性は喜びますし、これは日常で試しやすい甘え上手テクといえます。

男性を立てる

相手を褒めることと合わせて、男性を立てることも有効です。

これも、甘えベタな女性でも仕事の延長線上で自然にできるテクニック。さりげなく男性を立てることで、男性に自分の印象をよりよく残すことができ、この他の甘え上手テクニックが効果を発揮しやすくなります。

普通に甘えるより、「いつも俺のことを立ててくれる子だ」と思えば、男性も甘えられた時の嬉しさが倍になるためです。

いつも笑顔でいる

また、女性はできるだけ笑顔でいることを心がけると、公私にわたっていい結果が舞い込みやすくなります。これは別に「女はニコニコしてればいい」という意味ではなく、女性は笑顔でいると、本来の容姿以上にかわいく見えるから。

だから、いつも笑顔でいると職場での評価も上がりやすく、男性からも好かれ、甘え上手テクだってさらなる効果が期待できるようになるんですね。

お礼はかかさない

お礼はかかさない

そして、男性にお願いごとをしたり教えてもらった後は、必ずお礼を欠かさないようにしましょう。いくら甘え上手でも、男性を利用するだけの女性はいつか嫌われます。

男性に頼った後は、その時に対面でお礼を言い、さらにラインやメールなどで重ねて「昨日はありがとうございました」など、時間差でのお礼もプラスすると、もっと好印象を与えることができますよ。

上目づかいで話す

あと、「甘え上手」といえば上目づかいの女性ですね。

上目づかいで男性と話し、態度でも甘えることで「かわいい!」と言われる女性は多くいます。

これは甘えベタな女性にとっては、だいぶ難易度が高い行為の一つかも。男性の背が高ければ自然と上目づかいで話せますが、そうでないと慣れるまで難しいもの。ムリにやると相手をにらんでしまうこともあるので、歩きながらなど動きのある中で試すといいでしょう。

「ここだけの話だけど……」という

それと、男性との間で特別感を持たせながら甘えるのもテクニックです。

男性に対して「ここだけの話なんだけど…」と前置きすることで、ぐっと親密感がでて甘えやすい雰囲気になります。

男性の方も、「ここだけ」の話をしてくれるということは…とドキドキしますし、一度ここだけの話をすると、その後も親しさが持続するのでいい関係を作りやすくなるんです。

隙をつくる

また、甘え上手になるには大前提として、自分に少しのスキを作っておくこと。

それがなければ、せっかく男性に甘えてみようとしても、それが「甘えてる」ということだと認識してもらえません。かえって男性を警戒させかねないので、甘える前にスキを作ることを忘れずに。

少しのスキがある女性はそれだけでかわいく見え、男性の中で「甘えてほしいな」と期待する存在になります。

甘え下手な人は是非意識してみて!

このように、甘えベタな人でも今から試せる甘え上手テクはいっぱいあります。

少しずつでも甘え上手になれば、男性からもっと大切にされ、守ってもらえる自分になることができます。

なかなか甘えられない時もあると思いますが、そんな時も実はチャンス。「私、甘えるの苦手なの」と男性に本音を言うことで、「かわいいな」と思ってもらえるものなんです。

そんな、甘えベタの女性だからできる甘え方も活用して、甘え上手な自分になってみてくださいね!

【PR】
アドバイスで彼の反応がここまで変わる!!

《ヤバい、好きな人がどう思ってるかわかるかもw》

「教えてもらったとおりにしたら、好きな人と話しやすくなった」(19歳 大学生♀)
「ずっと既読無視されてたのに、話し方を変えただけで返事がくるようになった」(26歳 事務♀)
「アドバイスされた通りのことを実践するだけで、ここまで彼の反応が変わるのかと参考になりました!!(笑)」(21歳 フリーター♀)

もう恋愛で失敗したくないあなたへ! 期間限定のチャンスを見逃さないで!

《お試しで診断してみる》

人気のキーワード

KEYWORD

ライフハックの人気記事ランキング

CATEGORY RANKING

今月の人気記事ランキング

RANKING
ページトップへ