自分磨き

自分から振ったのに後悔してるのはなぜ? 理由と対処法を解説!

後悔する理由や、後悔のきっかけとは?

自分から振ったのに後悔してるのはなぜ? 理由と対処法を解説!

自分から男性を振ったことがある女性で、そのことを後悔しているという人は意外に多いものです。
振った当時は、特に迷うこともなくその結論をだし、「この人と付き合うのは無理」と思ったからこそ自分から振ったわけですが、なぜか後になって振ったことに後悔を感じるようになるケースがあるのですよね。
そこで今回は、自分から振ったのに後悔する理由と、その問題の対処法について解説していきますね。

そもそも「振る」のはけっこう大変

よく、「振られるのは辛いけれど振る方も辛い」と言いますよね。
それは本当のことで、自分から振るのってけっこう大変です。それは振られる側の相手の気持ちが想像できるから、振って相手を傷つけるのでは…と考えると不安だし、切ないものです。
なので、自分から振った時はしばらくの間、センシティブな心模様になるのもあたり前なのですね。
これは特に、優しい性格の人ほど負担に感じやすいでしょう。

自分から振ったことを後悔する時

とはいえ、自分から振ったらそれを必ず後悔する、ということでもありません。
自分から振ったことを後悔する時は理由があるもの。
また、その後悔も、自分から振ってすぐに浮上してくることもあれば、振ってだいぶ経ってから後悔がでてくるケースもあります。
ここからは、自分から振ったことを後悔する理由や、後悔のきっかけを見ていきます。

振った男性が急にモテ始めた

自分から振ったのに後悔する理由として、振った後にその男性が急にモテ始めた時がよく挙げられますね。
振った時は全く眼中にない男性で、「別に付き合いたいとか思わない」という感じだったのに、その後に彼が他の女性から急にモテるようになったとしたら、後悔を感じるようになるかも。
「逃した魚は大きい」ではないですが、「付き合っておけばよかったかも」と思うようになることは珍しくありません。

出会いが全然ない

また、自分から振ったのに後悔が募る理由には、振ってから出会いが全然ない時も含まれるでしょう。
彼氏は欲しいけれどこの人はちょっと…なんて考えて振ったら、そこから出会いが見つからなくなり、「こんなことだったらあの時振らなきゃよかった!」と思うわけですね。
でも、これはないものねだりというか、先のことはわからない以上、まさに後悔先に立たずだといえるでしょう。

その男性を好きだという女性が現れた

それと、振った男性のことを好きだという女性が現れた時も、急にその男性のことが惜しく感じられるようになるものです。
確かに自分から振ったのに、その男性と付き合うなんて無理と思っていたのに、いざ他の女性に取られるかもしれないと思うとモヤモヤして後悔を感じる…。
これはわりと多いケースなので、自分から男性を振る時はよく考えることが大切です。

後になって気持ちが変わった

また、人間の心はどんなふうに変わるか予測がつかないところがあります。
一時は付き合うなんてできない、好きになるのは無理だと思った相手のことも、ふとした瞬間からなぜか気になってくるケースだってあるのです。
こうなると、当然自分から相手を振ったことを強く後悔しますよね。
なぜあんなことを言ってしまったのかと悩み、振った過去を消したいと願ったりするようになります。

振ったことを後悔した時の対処法

では、自分から振ったことを後悔した時の対処法はあるのでしょうか。
これは一言でいえば、簡単に後悔を消してしまえる魔法の裏技のような対処法はどこにもありません。
自分から振った事実は何をしてもなくならないし、振られた相手の記憶の中からも消えないからです。
でも、後悔していることに対して自分の中で折り合いをつけることはできます。
そうすることこそが、後悔へのベストな対処法なのだと思います。

いったん冷静になって、現実を受けとめる

自分から振ったことを後悔している時というのは大抵、冷静な心理状態ではありません。
「あの時自分から振ったりしなければ今もっと幸せだったかもしれないのに!」という気持ちのままでは、現実を認めることもできないでしょう。
まずは一度後悔を横に置いてクールダウンし、自分から振った事実と、今の自分の状況・環境を整理して受けとめ直しましょう。

この先のことにフォーカスする

自分から振ったのに後悔してるのはなぜ? 理由と対処法を解説!

過去のことでくよくよしたり、自分から振った相手に遅い未練を覚えたりしても、それがプラスの作用を自分にもたらすとはいえません。
過去は過去であり、過去に起こってしまったできごとを変えるのは誰もできないからです。

その代わり、これからのことは自分の力でいくらでも切り拓き、変えていくことができます。
出会いもさまざまな可能性も、この先にも必ずあるものなので、自分から振ってしまった過去にとらわれ、後悔し続ける必要はないのです。

過去は思い出にして前を向こう!

自分から振った過去を気に病むなら、これからはいい恋愛をしていけばいいだけです。
過去のことは全て思い出にして、今後の人生では後悔のないように前を向いていきましょう。
そうして初めて、自分の中で後悔に折り合いをつけることができます。

自分から振る痛みも後悔の辛さも知って、きっとたくさん優しくなれたはず。
過去を糧にして、素敵な恋を見つけて下さいね。

【PR】
アドバイスで彼の反応がここまで変わる!!

《ヤバい、好きな人がどう思ってるかわかるかもw》

「教えてもらったとおりにしたら、好きな人と話しやすくなった」(19歳 大学生♀)
「ずっと既読無視されてたのに、話し方を変えただけで返事がくるようになった」(26歳 事務♀)
「アドバイスされた通りのことを実践するだけで、ここまで彼の反応が変わるのかと参考になりました!!(笑)」(21歳 フリーター♀)

もう恋愛で失敗したくないあなたへ! 期間限定のチャンスを見逃さないで!

《お試しで診断してみる》

人気のキーワード

KEYWORD

自分磨きの人気記事ランキング

CATEGORY RANKING

今月の人気記事ランキング

RANKING
ページトップへ