喧嘩中・問題アリ

お互いが成長できるカップルの良い別れ方とは?

お互いが成長できるカップルの良い別れ方とは?

お互いが成長する別れ方

今まで彼氏と彼女だった二人が、また他人となる時。良い別れ方も悪い別れ方もないでしょう……上手な別れ方だなんて、言い訳に過ぎない。

そんな風に考えてはいませんか? 確かにそれは、半分は当たりでしょう。別れるとなると、どうしても揉め事が付きものです。片方は未練があって、片方の愛情が枯渇しているのですから。

かといってお互いに冷めてしまって、LINEもメールもなし、言葉もなしにただフェードアウトで自然消滅……そんな別れ方は、本当に「いい別れ方」でしょうか?

未練はない、後悔はない……それでも最後としては、何か寂しくも感じますね。

・後腐れのない別れ方だけがいい別れ方と言えるのでしょうか?

復縁を匂わせながら別れる事が、本当に未来のある別れ方なのでしょうか? 恋愛に色々な形があるからこそ、別れ方にも色々なパターンがあります。

その中で「お互いを成長させるような、いい別れ方」……今日も一緒に考えていきましょう。

良い別れ方の対極、悪い別れ方とはなんぞ?

ではここで逆に、悪い別れ方の方を考えてみましょう。そこを逆転させる事で、いい別れ方が見えてくるからです。

そして別れ方の他に「いい付き合い方でない」も挙げましょう。

・別れたいけど別れられない、愛情が枯渇しているのにダラダラとした付き合いを続ける……これは誰が見ても「いい付き合い」ではありませんよね

その果てに何となく別れ話に発展して……正直、そこまで至った経緯から「いい別れ方」には見えないと言えるでしょう。

逆に揉めに揉めた別れ方……浮気等は最悪の別れ方の最たる例でしょう。

・正直に言えば、罵り合って傷つけ合って、未練と後悔だけの別れ方……それは、周囲から見ても「悪い別れ方」です

それを踏まえれば、お互いにいい別れ方は納得して別れる……そういう事になるのかもしれません。

綺麗な別れ方が、存在するというのなら

以前、仲の良かったカップルが破局した瞬間に立ち会った事があります。

結局の所、片方の浮気で、納得してはいないのでしょうがもう片方は「分かった」とだけ告げてその場を立ち去ろうとしました。実にシンプルな別れ方と言えると思います。

・そこで、別れる原因を作った方は言いました。「自分よりもきっともっといい相手が見つかるよ」と

下手な優しさに、いいえ、ただの自己満足に、ただただ腹が立ちました。これが「いい別れ方」だと言うなら、罵り合っている方がまだいい別れ方のようにも感じます。

結局の所、誰もが納得して別れるという方法は、ないのかもしれません。でもその中では「いい選択」をする事はできないのでしょうか? 次からもっと深く考えていきましょう。

向き合った上で別れる事


向き合った上で別れる事

結局ここで言う「いい別れ方」は、何か理由があったとしても、それでもお互いが向き合い、直接話し合って別れる事を決める事です。

それでも、その失恋を踏まえて成長できるかどうかは、その人次第で「前に進めた」と思うならそれが「いい別れ方」なのです

もちろん立ち直るまで時間が必要な人もいるでしょう。

新しい人を見つけたなのに過去に捕らわれて、結局全てを失う事になる人もいるかもしれません。ですが結局、どうなろうとその人の人生の一瞬であり、それをどう活かすか、そこから何を学ぶかはその人次第です。

その一つの恋愛で何を学んだのか……学んだとして、これから先に活かせるのか。誰にもその未来の結果は分かりません。

ただ言える事は、残念ですが誰も傷つかない恋愛の終了は「無い」という事です。

貴方は傷ついた方かもしれません。傷付けてしまった方かもしれません。

・しかしこれから先、生きていく上でそれを経験とし、出来れば二度とそんな悲しい別れを経験しない、そう思う事、考える事が大事です

誰だって幸せで、楽しい恋愛を楽しみたいはずなのですから。

恋愛で成長する人、しない人の違いとは?

以前Shinnojiが執筆したコラムです、こちらもぜひ参考にしてみて下さい。

【PR】
アドバイスで彼の反応がここまで変わる!!

《ヤバい、好きな人がどう思ってるかわかるかもw》

「教えてもらったとおりにしたら、好きな人と話しやすくなった」(19歳 大学生♀)
「ずっと既読無視されてたのに、話し方を変えただけで返事がくるようになった」(26歳 事務♀)
「アドバイスされた通りのことを実践するだけで、ここまで彼の反応が変わるのかと参考になりました!!(笑)」(21歳 フリーター♀)

もう恋愛で失敗したくないあなたへ! 期間限定のチャンスを見逃さないで!

《お試しで診断してみる》

人気のキーワード

KEYWORD

喧嘩中・問題アリの人気記事ランキング

CATEGORY RANKING

今月の人気記事ランキング

RANKING
ページトップへ