喧嘩中・問題アリ

自然消滅しやすいカップルの特徴と、男性の本音まとめ

縁があって知り合い、親しくなってカップルになっても、自然消滅をすることはあります。二人の間に何か大きな問題があったわけでもなく、ただ気づいたらお互いに、もう関心がなくなっていた……。自然消滅しやすいカップルの共通点はどんなものがあるのか? 自然消滅しやすいカップルに見られる特徴と、男性の本音について迫ります。

自然消滅しやすいカップルの特徴と、男性の本音まとめ

自然消滅しやすいカップルって?

縁があって知り合い、親しくなってカップルになっても、さまざまな理由によって別れを迎えることもあります。それ自体は、残念ですが仕方がない場合もあるものです。しかし、別れに至る決定的な原因や理由がなくても、形だけ別れた状態になってしまうケースも存在します。それがいわゆる、「自然消滅」です。二人の間に何か大きな問題があったわけでもなく、喧嘩した覚えもない、揉めごともなくすれ違いもなく、ただ気づいたらお互いに、もう関心がなくなっていた……。はっきりとした別れではなく、いつの間にか交際が終了してしまう自然消滅はなぜ起きるのか。自然消滅しやすいカップルの共通点はどんなものがあるのか? 自然消滅しやすいカップルに見られる特徴と、男性の本音について迫ります。

「疲れてる」などの発言が増える

カップルの自然消滅は、なんとなく二人の間の空気が変わってくるところから始まっていきます。彼氏と会っていても何だかワクワクしない、いい雰囲気にならない、つまらないわけではないけれど今ひとつ盛り上がらない。そんな空気を生むのは彼氏、彼女お互いの些細な一言だったりします。何かにつけて、「疲れてるんだよね」と繰り返したり、次のデートの約束をしようとしたら、「疲れてるから来週はちょっと」とかわされ……、「疲れてるから今日はもう帰るわ」と早くデートを切り上げられる。こんな調子では、恋人同士でもムードが盛り上がるはずもありませんよね。カップルの自然消滅の兆しは、こういった空気から始まっていくのです。

遠距離恋愛

遠距離恋愛は、特に自然消滅の可能性が高いといわれています。現在は物理的に離れていてもLINEなどで簡単に連絡を取りあうことができ、連絡手段が不便だった時代に比べれば遠距離恋愛もうまくいきやすくなっているはずなのですが、やっぱり気軽に相手に会えないという状況は、そうでない場合よりどうしても自然消滅を招きやすくなりがちです。毎日のLINEや電話が二人の習慣になってしまえば大丈夫なのですが、それでも離れていると、ちょっとしたことでその習慣は崩れ、おざなりになります。連絡がなければお互いに相手の状況も全く見えず、誤解も増え、どちらからともなくそのまま関係が途切れて自然消滅に陥ることもたくさんあるわけです。遠距離恋愛のカップルほど、二人の連絡頻度に対する温度差はなくしておかなければなりません。

お互いに多忙

遠距離恋愛でなくても、自然消滅を招くシグナルが、「多忙」です。相手のことを考える余裕もないくらい忙しいと、お互いのことが嫌いになったわけではないにせよ、必然的に連絡は少なくなります。そして、相手から連絡がきてもすぐに返事ができない時もあり、「後で返そう」という気持ちはあっても、忙しいと数日くらいは一瞬で過ぎてしまうもの。そのうち相手から連絡があったことや自分が返事を返していないことも忘れてしまい、気がつけば自然消滅していたという話は本当の多いのです。これは、カップルの二人ともが忙しい職場に勤務していたり、仕事が好きでたまらないという場合に多く、多忙と言いながらそんな日々が充実しているからという側面もあるので、お付き合いも両立させていきたいなら、お付き合いの仕方も見直してみる必要があるでしょう。

ネットで知り合った

自然消滅で多いのが、ネットで知り合って交際するようになったカップルです。ネットでの出会いそのものは今の時代、悪いものではないですし、自分の従来の人間関係だけでは出会えない相手に知り合えるわけでその部分を考えればむしろとても有益です。ただ、どうしてもリアルの環境でめぐり会った相手に比べると、ネットでの出会いは、出会うことだけを考えるなら現実世界よりハードルが低い場合も多く、強い絆や信頼を結ぶのが難しい場合も。ある程度やりとりして親密になっても、些細なことでふっと関係が揺らいでしまったり、「もともと出会ってなかったかもしれない人なんだよな」と感じたりすると、いつの間にか自然消滅してしまいます。これを防ぐには、お互いに相手を心から信じるしかありません。

束縛が激しい

付き合い始めはうまくいっていた仲よしカップルでも、だんだん関係が悪化して別れに繋がるケースもあります。特に、一方の束縛が激しくて、それに対してもう一方の気持ちが冷めてしまった場合には、自然消滅の危険はグッと高まります。束縛の激しい相手と離れるには自然消滅がもっとも安全だから。束縛が激しい相手に別れ話など切りだそうものなら何を言われるかわかったものではなく、身の安全をはかるために距離を取り、自然消滅を狙うのが有効であるためですね。束縛は、している方は相手を愛しているからこそと思っていますが、される方はただただつらいものです。この場合は、別れを迎えるのも仕方がないという場合も多いでしょう。

お泊りを避ける

何らかの理由があってどちらかがお泊まりを避けているカップルも、それが積み重なると別れの危険が表れやすくなります。何か事情があってお泊まりできないなら仕方がないのですが、宿泊を明らかに、「避けている」と相手に伝われば、それはカップル間の不信感に繋がり、二人の間に溝ができてしまうことになるはずです。カップルにとって、一緒の時間を過ごすことは二人の間の信頼関係や愛情を育む機会でもあり、それは日々のデートやこまめな連絡もそうですが、そんな二人にとってお泊まりは大事な日のはず。お泊まりを避けているとなれば、愛情を疑われて自然消滅の危機が近づいてしまいます。どうしてもお泊まりできない場合はその理由を率直に相手へ話した方が好印象で、溝を生まずに済むはずです。

自然消滅を狙う男の本音は?

このようにさまざまな局面で見られるカップルの自然消滅の危機ですが、中にはあえて自然消滅を画策するケースもあります。これを狙うのは恋人との別れを考えている男性に多く、どうにかうまいこと自然消滅に持ちこめないかと模索し、彼女への連絡をわざと遅らせたり無視したりします。なぜそんなことをするのかというと、今の彼女と別れたいけれども正面きって別れようと告げるつもりはなく、ふわっと流れで自然消滅してくれたら一番いい、と考えているというのが大半です。自然消滅させようと狙っている男性の、理由と本音をご紹介いたします。

別れ話をするのが面倒

彼女と別れたいけれど、別れ話をするのは面倒だし気が進まない……、という男性は、自然消滅を計画して別れを期待します。男女のやりとりというのは、交際がスタートする時はお互いに気持ちも盛り上がっていて、希望に満ちて付き合い始めるものですが別れる場合は真逆で、話がこじれやすく、大変な労力が必要とされることも多いですよね。そんなエネルギーを使いたくないという男性が、彼女に面と向かって別れ話を切りださず、彼女から逃げて自然消滅をもくろむわけです。女性の立場からすれば、「何それ!」としか思えない、大変失礼な言い草ですが、別れたい時にこの方法をとる男性は少なくないのが現実です。

後ろめたい理由がある

彼女との自然消滅を狙う男性は、単に別れ話が面倒なだけでなく、別れ話をすることが後ろめたくてできない理由を持っている場合もあります。特に長く付き合っていると口約束でも、「結婚したいね」と言ってしまっていたり、自分より年上の彼女だから、親に紹介していた彼女だから、彼女を裏切ったことがあったから、そして彼女からお金を借りている……、などが別れようにも別れにくいと感じさせるその理由です。もちろん、たとえどんな理由があろうと別れたいのなら相手にきちんと話をするべきですが、気持ちが弱かったり優柔不断なところのある男性は特に、後ろめたさがあると相手から逃げることを選びやすく、そうなると一番手っ取り早い自然消滅を狙いがちになります。

喧嘩別れしたくない

喧嘩別れしたくない

これも、非常に男性らしい理由のひとつですが、多くの男性は、彼女と別れたいと思いはしても、一度付き合った女性と揉めごとになるのを嫌います。いきなり別れを切りだしたりしたら彼女は驚くだろう、怒るだろう、そうなったらそのまま喧嘩別れになってしまうかもしれない……、などと想像すると男性は、「今は別れ話をするのはやめておいた方がいいかも……」と判断してしまうのです。でも当然、そんなことは本当の優しさではありません。男性もそれを薄々わかっていたとしても、彼女と最後に向きあうことを恐れ、結果、自然消滅を願うのです。

復縁の可能性を残しておきたい

男性は元来、女性よりも異性に対するストライクゾーンが広く、恋愛対象にならない異性という区分が狭い生き物です。当然、一度別れることになった女性も恋愛対象から外れるケースはまれで、「そのうちまたいい感じになるかも」という思いをどこかで持ち続けている男性も多いものです。これは、女性からすると、「バカにするな」と言いたくなる理由ですが、自然消滅で彼女との別れを狙う男性のほとんどが、心の底にこの思いを隠し持っています。そのため、別れる時に徹底的に別れ話をしてしまったら復縁しづらくなると考え、うやむやのうちに自然消滅させればまた再燃しやすいだろう、と意図しての自然消滅だったりするわけです。

自然消滅したくない時の対処法

もし、付き合っている彼氏が最近何だか変で、「もしかしたら自然消滅しちゃうかも?」と感じたら、あなたも彼も冷静になってこれからのことを考える時です。彼氏と別れたくない、まして自然消滅なんてごめんだと思うなら、何らかの対処法をとっていかなくてはなりません。彼氏が自然消滅を狙っている場合、のらりくらりとデートや話し合いから逃げる可能性が高く、共通の友人などの協力も仰ぎつつ、毅然として彼に対話を求めていきましょう。男性の気持ちはいろいろな意味で変わりやすいので、一度は自然消滅を計画されても、女性が慌てずに対処していけば元のさやに戻すのは不可能ではありません。

原因を振り返る

まずは、彼氏が自然消滅を狙うようになったかもしれない原因を振り返ってみましょう。特に思い当たることがなくても、LINEやメールの文面、会った時の彼の様子などをさかのぼり、「この辺りから何か彼の様子が変わったかも」などと目星をつけていけば手がかりになります。この手がかりをいきなり彼にぶつけると、彼は驚いて何も言わなくなる可能性があるので、まずは落ち着いて原因を多く集めていくのがベスト。そして、彼女側に思い当たることがある場合は、その原因にまつわる自分の気持ちと事情を整理して、彼にちゃんと話せるように準備をしましょう。

本音を伝える

自分の気持ちの整理がついて、手がかりも揃ったら、何とかして彼氏と会って話せる場を作りましょう。普通に彼氏を誘っても乗ってこないなら、直接あなたから彼氏に必ず会える場所で、相手の迷惑にならない範囲で出向きましょう。話し合いの時はとにかく、本音がものを言います。別れたくないなら別れたくない、好きなら好きと言いましょう。今さら格好をつけても始まりませんし、何より女性から本音を言っていかないと、自然消滅を考えている彼氏をもう一度振り向かせることなどできないからです。彼女が本心を言えば、彼氏の方は自分が逃げている自覚があるため、それ以上逃げられなくなるはずです。

はっきりさせたいなら行動あるのみ

カップルの自然消滅は、男女双方が相手から逃げてしまった時に起こります。どちらかが相手から逃げてしまい、もう一方もそれに気づいていながら自分から相手に向き合う勇気を出せなかった時、自然消滅という結果に向かって進んでいくことになるのです。相手の逃げに気づいた時、思いきって自分がそこへ向き合うことを選べば、たとえ別れることになったとしても少なくとも自然消滅という消極的な形ではなく、納得した別離を迎えることもできるはずです。はっきりさせるには、勇気を出して行動し、自分から相手に本心を打ち明けるしかありません。カップルの間のことに正解はありませんが、どんな時も納得のいく結果にできれば、そこに後悔だけは起こらないはずです。

【PR】
アドバイスで彼の反応がここまで変わる!!

《ヤバい、好きな人がどう思ってるかわかるかもw》

「教えてもらったとおりにしたら、好きな人と話しやすくなった」(19歳 大学生♀)
「ずっと既読無視されてたのに、話し方を変えただけで返事がくるようになった」(26歳 事務♀)
「アドバイスされた通りのことを実践するだけで、ここまで彼の反応が変わるのかと参考になりました!!(笑)」(21歳 フリーター♀)

もう恋愛で失敗したくないあなたへ! 期間限定のチャンスを見逃さないで!

《お試しで診断してみる》

人気のキーワード

KEYWORD

喧嘩中・問題アリの人気記事ランキング

CATEGORY RANKING

今月の人気記事ランキング

RANKING
ページトップへ