喧嘩中・問題アリ

もしかして倦怠期? マンネリカップルの特徴と、乗り越える方法!

もしかして倦怠期? マンネリカップルの特徴と、乗り越える方法!

どうしてマンネリを感じるの?

彼氏と付き合いはじめた頃は何をしてもずっと一緒にいても新鮮で楽しかったはずなのに、時間が経つうちにデートの内容もだんだんワンパターンになって、変化のない彼氏に飽きてしまうことがあります。お互いに慣れてくると最初のような気づかいもなくなってきて、関心も減ってくる。これがいわゆる倦怠期・マンネリです。それくらい彼氏に対して安心感を抱いているという考え方もできますが、つまらなさが勝ってしまっては付き合っていても楽しくありませんね。ここでは倦怠期についてや、マンネリ化しやすいカップルの特徴、彼氏とのマンネリを解消するために必要なことをご紹介いたします。

倦怠期になりやすい時期

倦怠期の訪れる時期は、カップルによって違います。しかし、世間一般的に「大体このくらいの時期で倦怠期がくる」と言われている時期がありますので、それを元に考えていきましょう。

付き合って3ヶ月

付き合って最初に倦怠期が訪れる時期と言われるのが、付き合って3ヶ月目、「3ヶ月神話」とも呼ばれるこの時期です。彼氏、彼女ともに、付き合いはじめにはあったはずの遠慮がなくなり、出てくる相手への要望、見えてくる欠点がはっきりしてきます。女性にとっては、まさに自分の理想の異性像と彼氏を勝手に比較してしまう時期、「彼氏の事は嫌いじゃないけどなんかときめかない」と思う事があれば立派なマンネリです。乗り越えれば長続きするとも言われている時間だからこそ、逆もしかりですが、一時の感情に流されず、広い視野でパートナーを判断したいですね。

付き合って1年

付き合ってから1年と言うのは、彼氏の事をよりよく知ったくらいのちょうどいい時期。彼氏もあなたの事を深く理解しているはずですね。だからこそ相手に対する発見が収まった時期とも言え、倦怠期になりやすいのです。付き合って1年くらいで多くのカップルの間に「なくなるワクワク感」、「緊張せずに過ごせるという慣れ」、「ドキドキしない時間」が、相手を知ったからこそ生まれてきます。変わり映えしない毎日に飽きはじめたら立派な倦怠期です。

付き合って2~3年

付き合いはじめて2~3年、この時期はラブラブで過ごしてきたカップルでも、どうしてもデートも定番になってきたり、当たり前の過ごし方をする様な関係になってきてしまいがち。飽きた訳じゃないけど、冷めてきた、イライラはなくなったけど、無口になった、こんな感じで会話もない関係になってしまうと、不満というより冷静に自分達を見返したりしてしまう事も。2~3年で倦怠期に陥ると、結婚等が視野に入っているカップルとっては過酷な試練となります。

マンネリ化するカップルの特徴

マンネリ化するカップルの特徴

付き合いたての頃は誰でも、好きな人と一緒にいるだけで幸せです。ですが、ずっとそれだけで変化のない日々を繰り返していると、いずれ何のために一緒にいるかわからなくなってマンネリを感じてしまうはず。すぐマンネリ化してしまうカップルには、それなりに共通点があります。出不精だったり、お互いに関心がなかったり、とにかくカップルでいるための努力を怠っていることが大きな特徴です。お互いが一緒に楽しむ努力をしていなければ、相手に新鮮さを感じませんし、マンネリを感じるのも当然です、そんなカップルに共通する特徴をご紹介いたします。

新鮮さを感じない

以前は定番のデートスポットと言えたような場所も、気がつけばいつもの場所。外食も考えるのがだんだんめんどくさくなってきて、最終的にいつものお店で同じようなものを食べ……、こういった新鮮さのないデートをしてしまうとマンネリ一直線。デートの行き先に対する飽きを、彼氏に対しての飽きだと勘違いしてしまう場合もありますので要注意。そうなるとデートをする回数も減って、次第に会う回数も減ってしまいます。二人だけの時間を過ごすことは大切ですが、「どう過ごすか」が抜け落ちていると、中身のないデートでマンネリ化してしまうわけです。

相手への気遣いがへった

カップルによくあるのが、相手に対する関心が薄れることで、付き合った頃にしていた気づかいがなくなってしまうことです。お互いに興味がなくなったわけではないのですが、マンネリしてしまうと相手の存在が当たり前になりすぎてしまい、気の利いた言葉も浮かばなくなっていきます。そして、言葉にしない状態が長く続くと、やがて言葉にすることすら億劫になってしまい、彼氏との意思疎通も面倒に。こうなると危険信号ですので、お互いに何かしらのマンネリ対策を講じて下さい。

一緒にいても別のことをしている

彼氏と二人一緒にいる時も、例えば一方はずっと漫画を読んでいて、一方はスマホを見つめてゲームをしている。こういった状況がずっと続いてもお互いに一緒にいる意味を見失ってしまいがちで、マンネリに陥りやすい状況です。一緒にいてもだんだん相手にときめかなくなりますし、「別に恋愛じゃなくてもいいのでは?」なんて考えてしまうと、一気に気持ちが冷めてしまいます。特にお付き合いをはじめる前から何年も友達関係が長かったというカップルは注意が必要です。

共通の趣味がない

お互いに共通して楽しめるものがないと、先述のようにカップルで一緒にいても行動がバラバラになりがちです。そんな楽しみ方もたまにならいいのですが、頻繁になるとそのうちマンネリの足音が聞こえてくるはず。また、彼氏はインドア派、あなたはアウトドア派なんて場合にも、お互いの趣味に興味が持てず、二人の時間は目減りする一方で、「別に一人でもいいのでは?」なんて考えてしまうようになるため、二人して共通の趣味がなければ、二人一緒になって楽しめるものを探す努力が大切です。

オシャレなどに気を使わない

付き合いだした時はお互いにおしゃれや服装にもそれなりに気をつかっていたのに、時間の経過とともに同じような見た目、服装でしかデートをしなくなってしまった。こんなカップルもマンネリには気を付けましょう。付き合った後は中身が大切とはよく言うものの、外見にだってある程度の変化は必要です。彼氏が毎日同じスウェットやジャージばかり着てあなたと出歩くなんてことになったらうんざりするはずです。ですので、小さなものでも相手の変化には敏感になりましょう、変化に気づかなくなると、気づいてもらえないから変化することすら諦めるようになってしまうからです。

一緒にいる時間が長い

カップルが倦怠期に入りやすいのは、「会わなくなった時」ではなく、「一緒にいる時」です。毎日一緒にいるのはもちろん、2~3日に1回など、頻繁に彼氏と会っているような時こそ、マンネリへの注意が必要です。「いつでも会えるから」、「いつでも連絡できるから」と、目的もなく一緒にいることだけに満足してしまうと、そのうち必ず飽きがやってきますので、一緒にいる時間が長いカップルほどお互い気持ちの変化に注意することが必要です。

倦怠期・マンネリを解消するには?

マンネリというのは、お付き合いしていたら避けようがないものです、だからこそ彼氏に飽きたからといってすぐ別れる必要はありません。お互いに飽きてしまった理由をしっかり見つめて改善すれば、乗り越えることができる障害です。ですが、彼女だけが努力していても倦怠期を脱出することはできません、彼氏にも協力してもらわないといけませんので、マンネリ解消のためにお互い意識したいポイントをご紹介いたします。

一緒にいる時間を減らす

お付き合いをはじめて早い時期にマンネリになってしまうのは、よくも悪くも長い間、彼氏と一緒にいすぎることが原因です。ですが、ただただ一緒にいる時間を減らしただけでは、マンネリを解決することにはなりません。大切なのは、お互いにとって必要ないのに無駄に一緒にいる時間を減らすように意識すること。一緒にいたい時はいくらでも一緒にいたらいいのですが、することもないのにだらだら一緒にいてお互いに飽き飽きするくらいなら、一人になってお互い別のことをして、一緒にいないからこそ相手が何をしているのか考え、会いたくなり、会ったら何をするかを考えるわけです。

お互いの友人も交えて遊びに出掛ける

デートがいつも同じようなパターンになってしまい、お互いのやることに飽きてしまってマンネリを感じているのなら、たまには他の人、例えば仲のよいお互いの友人を交えてダブルデートしてみたりすると、いつもと同じ場所でも違った景色が見えてくることがあります。彼氏の知らなかった一面や、新しい魅力を発見できるかもしれませんし、相手のカップルがどうやってお互いを気づかっているのかも観察できるよい機会です。

いつもと違うことをする

いつもと違うことをする

彼氏と付き合いはじめた頃は何もかもが新鮮で、新しい世界もたくさん映っていたかもしれません、しかし新鮮さは時間とともに失われていくものです。いつまでもずっと新鮮でいるのは難しいですが、相手の魅力に飽きないためには、あなた自身も相手に飽きられてはいけません、どっぷりマンネリ化してしまうと、やがて変化を起こすことすら面倒になってしまうので、そうなる前に小さな変化を二人の間に起こしていきましょう。例えば彼氏と会う前に、髪型や見た目のファッションを少しいじってみるのもいいでしょう。お洒落の効果は相手だけでなく自分の気持ちも新鮮にすることができるはずです。

共通の趣味をはじめる

彼氏と二人で何かをする楽しみが見いだせず、いつも別々のことをして倦怠期に陥ってしまっているのなら、二人ではじめることのできる趣味に取り組んでみるのも選択肢のひとつです。やったことのないことに挑戦してみることで、今までにない新しい会話が生まれるのはもちろん、二人で協力したり考えたりすることで、お互いを見つめ直すことができるなど、メリットはたくさんあります。運動が苦手ならインドアなものでも構いません、「今までにない何か」を二人で見つけることに取り組んでみて下さい。

感じている不満を吐き出す

マンネリを抱きながらも現状に不満を感じているのは、何とかして改善したいとあなたが望んでいるからです。何も感じていないのであれば彼氏とはもうすでに別れてしまっているはずです。その気持ちが彼氏も同じなのであれば、お互いに感じている不満について話し合う機会を持ちましょう。言葉を相手に伝えることによってマンネリに対する意識も変わりますし、何よりも今まで以上に彼氏と真剣に会話をする時間も増えるはずです。するべき改善点が見えたら行動あるのみです。

彼氏への感謝と思いやりを忘れない

倦怠期で彼氏にイライラしてしまう気持ちはわかりますが、ここでマンネリを抜け出す為に忘れたくないのが、彼氏への思いやり。自分をイライラさせるような彼氏の発言を直球で受け止めるのではなく、「もしかしたら疲れていて、ツンツンした言い方になっちゃったのかもしれない」と想像してみるようにしましょう。さりげなく気遣う気持ちは、必ず彼氏に伝わります。また、日常のほんの些細な事で構いません。彼氏があなたの為にしてくれた事に、「ありがとう」と笑顔で伝えるようにしてみましょう。

気持ちの変化が倦怠期・マンネリを解消する

一度倦怠期に入ると抜け出すのは大変です。ですが、マンネリ自体はどれだけラブラブなカップルでもいずれ経験すること。お互いがどう変わるべきかを認識し、前向きに取り組むことができれば、いずれ解決できるものです。重要なのは、一人で解決しようとしないこと。彼氏と一緒にどうするべきかを考え、どう日常に変化を与え新鮮さをとり戻すか。考えればやるべきことはたくさんあるはずです。

【PR】
アドバイスで彼の反応がここまで変わる!!

《ヤバい、好きな人がどう思ってるかわかるかもw》

「教えてもらったとおりにしたら、好きな人と話しやすくなった」(19歳 大学生♀)
「ずっと既読無視されてたのに、話し方を変えただけで返事がくるようになった」(26歳 事務♀)
「アドバイスされた通りのことを実践するだけで、ここまで彼の反応が変わるのかと参考になりました!!(笑)」(21歳 フリーター♀)

もう恋愛で失敗したくないあなたへ! 期間限定のチャンスを見逃さないで!

※《占い師を選択し、進んだ後に選んだ占い師からトークがきます》

人気のキーワード

KEYWORD

喧嘩中・問題アリの人気記事ランキング

CATEGORY RANKING

今月の人気記事ランキング

RANKING
ページトップへ