喧嘩中・問題アリ

「男性が怖い…」恋愛をするためにトラウマを克服する方法!

「男性が怖い…」恋愛をするためにトラウマを克服する方法!

男性を怖いと思う理由

「恋愛はしたいけど、男性が怖いから出来ない」そんな不安はありませんか? 環境や体験によって、男性へのトラウマが大きくなり怖いと感じてしまい、結果、男性不信になり普通の恋愛にすら臆病になってしまう女性も少なくありません。心理的な部分が大きいこの問題ですが、もう一度男性との恋愛を楽しめるきっかけを作れるように、少しでもあなたの心が軽くなるように、なぜ男性を怖いと感じるのか、自分を見つめ直す為に今日も一緒に考えていきましょう。男性不振の原因次第で、問題を明確にし、向き合う事ができます。

過去に男性から受けた精神的苦痛が忘れられない

それは、些細な事がきっかけの場合もあるでしょう。幼い頃に、クラスメイトの男子に意地悪をされた事に、心底傷ついていた、それだけでも人によっては、男性へのイメージを悪くしてしまいトラウマになる事は多いです。変なあだ名をつけられたとか、意地悪をされた事がきっかけになっていても全然おかしくありません。あなたはそのせいで男性に良いイメージを持てなくなってしまったかもしれませんが、実はその男子は当時、「あなたの事を好きだから意地悪をしてしまっていた」、「そんな大した事じゃないと思っていた」と考えていた可能性もあるのです。ですが、あなたにとって嫌な記憶になっているのであれば、それは男性不信につながる大きな原因となります。

父親が尊敬できない人だった

これも女性が男性を異性として見れなくなる理由として多く挙がるもののひとつです。父親が暴力を振るう人だったり、やたら大きな声で怒鳴り声を浴びせてくるようなタイプだった場合。父親と言うのは、女性にとっては男性の象徴となってもおかしくない人物です。そのせいで、男性を怖いと思ってしまうのは仕方のない事です。恐怖で人を支配するような人を見て育ってしまうと、男性と一緒にいるだけでどうしても「また怒鳴られるのでは……」なんて思い込んでしまうのです。そして、いざ他の男性とコミュニケーションを持つ機会に、緊張して上手く行かない事がよくあります。

女ばかりの環境で育ってきた

母子家庭のお家で育った方の場合や、先ほどお話したような「尊敬できない父親」だった場合、あなたがその父親を知らなくても、母親からその話を聞かされる事で男性への負のイメージは大きく育っていきます。あなたと母親との関係が濃厚な場合は、植え付けられた男性観から、無意識に男性不信になり、いつしか男性を「苦手」だと感じてしまう事もあるでしょう。また、女子高生活が長い場合等は、その環境下に長く自分の身を置きすぎるせいで、異性への感覚が麻痺しがち。「男性に迫られる事が怖い」、「男性の下心が気持ち悪い」など様々な理由から男性を異性として見れず、逆に怖いと思ってしまう女性は多く存在します。

だからと言って、彼女たちに恋愛感情がないのかというと、もちろんない人もいますが、そうでない人もいるのです。それははっきり言って、残念で勿体ない事です。この負のイメージを払しょくし、前向きに恋愛をする事はできないのでしょうか? 恋愛をする為に、どういった考え方をすれば良いのでしょう。次からもっと深く考えていきましょう。

男性が怖いというトラウマの克服方法

男性が怖いというトラウマの克服方法

このまま放っておくと、男性のみならず、全ての人間関係に影響が出る可能性があります。なので、時間をかけて「男性不信」というトラウマを、あなたの中から追い出してしまう方法をいくつか紹介します。

男性不信になったきっかけを振り返る

これはとても辛い作業になります。だから決して一人で行ってはいけません。ネットでもカウンセラーでも構いませんので、必ず誰か相談できる人に話しながら過去を振り返る事をおすすめします。辛かった過去や、その時の感情を告白する事で、男性不信の原因を完全に過去のものとしてしまうんです。男性からのどんな言葉や態度で「怖い」「気持ち悪い」等と感じるかを知れば、自分自身の気持ちを知る事ができます。

もし、どうしても誰もいなかったら、ノートや真っ白な紙に、殴り書きするぐらいの気持ちで吐き出してください。書いたぐらいで男性不信が治る訳が無いと思うかもしれませんが、抱え込んだ想いを開放してあげる事は、辛かった気持ちを開放してあげる事に繋がります。気が済むまで書き続けたらいつしか「何やってるんだろう……?」と気づく瞬間が必ず出てきます。その時が「男性不信」と言うトラウマが解消される、第一歩ではないかと思います。

イメージを変える為の行動を…

幸せな恋愛映画を見たり、恋愛小説を読んだりすることも効果的です。物語の中にいる幸せな家庭や恋人、そこに自分を重ねて行くのも良い克服方法です。両親の不仲のせいで男性不信になってしまった人は、ファミリーものもいいですね。酷い失恋で男性不信になってしまった方には、甘い恋愛ものも良いですが、失恋から立ち直る女性のお話なんかもいいかも。ただ、見ている最中に少しでも気が滅入ったらそこでやめておきましょう。あくまでも、創造の世界の中に身を委ねて、前向きになる為の作業だからです。どうしても男性不信が強いと、見ているうちにネガティブな感情が噴き出す場合もあります。そんな時は、好きな音楽でも聞いてリラックスしましょう。気が向いたら、もう一度再開したらいいんですから。決して焦る必要はありませんよ。

男性との距離を縮めてみる

少し荒療治かもしれませんが、実はこれが一番効果が高いと思われます。行きつけのカフェやコンビニの男性店員さんに接してみたり、上司や先輩、部下や後輩など、誰でもかまいません。一言、声を掛けてみるんです。店員さんなら商品を受け取る時に「ありがとう」と言ってみる。最初は顔なんか見れなくて構いません。男性が怖いと思っている方にはなかなか最初の「一歩」のハードルが高いと思いますが、男性不信などのトラウマの一番の解決策は「男性」である場合が多いんです。少しでもかかわる事ができれば、それだけであなたの自信へとつながります。もし「ありがとう」と言えたなら、次は顔を見れるように、その次は笑顔をみせれるように。時間をかけてゆっくりとクリアしていきましょう。

また、信頼できる友達に間に入ってもらい、男性との時間を作るのもいいでしょう。近くにいるという時間を作るだけでも、トラウマを克服するには効果的です。少しずつ距離を縮めていくことが大事で、決して一気にやってはいけません。トラウマを解決しようとする時、すぐに焦ってしまい失敗してしまうという特徴があります。この方法は、ハイリスクハイリターンになってしまう可能性が高いので、とにかく焦らない事、慎重に進める事をおすすめします。

恋愛対象として見る事ができなくてもいい

女性は怖くなくても男性は怖いと感じてしまう男性不信、そこには男性をある種「未知の生き物」と思っている部分が無きにしもあらず。イメージだけが先行してしまっている状態ですが、実際は、男性も女性も大差ありません。ですがどうしても男性への恐怖心やトラウマが拭えないという人は、無理に「恋愛対象にしなきゃ!」と思うのではなく、自然とその人との距離が近づく関係を見つける事をおすすめします。意識しすぎて、すべての男性が怖いと思ってしまうのは勿体無い事です。慣れないだけで怖いと思うと、せっかくの出会いをなくしてしまう可能性だってあります。

もちろん、精神的苦痛を受けてきた女性にとって、男性は怖い、これは間違いありません。ですが、だからこそ気になる人を焦って「恋愛対象」として見る必要はない、という事です。まずは、暗く圧し掛かってくる過去のつらい記憶と、現在は違うという事を認識できるように意識してみるだけで構いません。少し辛い考え方かもしれませんが、繰り返し自分の心に「現在と昔は違う」と思い込ませてあげる事で、男性を怖いと思う気持ちをなくしていく事が大事です。いきなりすべて完璧にする必要はありません。焦る必要はないんです。最初から恋愛対象にするのではなく「好意があるかもしれない異性」くらいの軽い認識で、少しずつトラウマを克服していきましょう。恋をして、いきなり結婚するわけでもありません、焦らない事が重要です。

【PR】
アドバイスで彼の反応がここまで変わる!!

《ヤバい、好きな人がどう思ってるかわかるかもw》

「教えてもらったとおりにしたら、好きな人と話しやすくなった」(19歳 大学生♀)
「ずっと既読無視されてたのに、話し方を変えただけで返事がくるようになった」(26歳 事務♀)
「アドバイスされた通りのことを実践するだけで、ここまで彼の反応が変わるのかと参考になりました!!(笑)」(21歳 フリーター♀)

もう恋愛で失敗したくないあなたへ! 期間限定のチャンスを見逃さないで!

《お試しで診断してみる》

人気のキーワード

KEYWORD

喧嘩中・問題アリの人気記事ランキング

CATEGORY RANKING

今月の人気記事ランキング

RANKING
ページトップへ