彼氏持ち

恋愛で空回りしてしまう女性の特徴まとめ

恋愛をスマートに楽しみたいとは思っているけど、つい好きな人に夢中になりすぎて、気づかないうちに「空回りしている痛い女性」になってしまう人はたくさんいます。客観的に自分の行動を見つめ直せるよう、恋愛空回り女子の特徴をまとめてみました。

恋愛で空回りしてしまう女性の特徴まとめ

張り切り過ぎって、恥ずかしい

女性なら、自分がガツガツ男性にアプローチするのではなく、恋愛をスマートに楽しみたいと考える人の方が多数派ではないでしょうか。

しかし、恋愛というのはついつい周りが見えなくなってしまい、張り切りすぎてとんでもない失敗や醜態を晒してしまうものです。

・自分では気づかない間に「なんだかあの子って、好きな人ができるといつも空回りしててかなり痛いよね……」なんて言われているかもしれません

好きな人ができるとついつい空回りして暴走してしまう女性、貴女の周りにもいませんか?

そんな、自分だけは当てはまりたくない、恋愛で空回りしてしまっている女子の特徴を一緒に考えていきましょう。

頑張り屋さん

まず、恋愛で空回りしてしまう人の大きな特徴として、いわゆる「頑張り屋さん」な性格が挙げられます。

真面目で努力家、何事にも常に全力投球がモットーな貴女。

仕事や勉強と同じように、恋愛においても全身全霊で挑んでしまう傾向にありませんか?

一方で、男性は追いかけられるより追いかけたいという狩猟本能を持つ生き物でもあります。

・その為、恋愛のアプローチでは力を入れ過ぎずに、男性に行動させる駆け引きを楽しむ部分も必要です

恋愛に向ける素直さはとても素敵なのですが、頑張りすぎて損をする事もあるのです。

でも、頑張り過ぎているかどうかを自分では判断しづらい、そんな女性もいるかと思います。

そんな方は、次から紹介する内容に当てはまっていないかどうか、参考にしてみて下さい。

合コンで目立ちたい

合コンをするなら、とにかく男性陣の印象に残るように目立たなければ……。

・こんな思考を持つ貴女は空回り女子の素質十分です

あまり話さない他の女性たちを尻目に、なぜか自分だけ面白キャラで通したり、やたらと女子側のまとめ役を買って出たり……。

そうやって頑張っているのに、なぜか合コン後にお声がかかるのは自分ではなく、大人しかった女子の方。

「自分は二次会まで行って盛り上げたのに……」納得できず、悔しい思いだけが残りそうです。

身体の関係に走りがち

気になる彼と、どうにかして親しい関係になりたい……と願い、焦った結果、先に身体の関係を持ってしまう女性。

二人きりで飲みに行ったり、夜遅くまで一緒にいるきっかけがあれば自然とそういう雰囲気になってしまい、彼に身を委ねてしまう……。

・空回りしてしまう女性の多くは、身体の関係からでも問題なく本命女子になれると信じています

もちろん、男性にも身体の相性を試してから本気のお付き合いをしたがる人もいます、が、このタイプの多くは残念ながら一夜だけの関係で終わってしまいがち。

そして、自分だけは彼の恋人気取りでも、周りからは遊ばれているだけの印象になってしまい、結果付き合う事もなく泣きを見るというわけです。

恋愛で空回りしてしまう女性の中でも一番避けるべき行動がこれです。

いざ、好きな人を前にそのような雰囲気になっても、冷静に判断して感情のまま流されてしまう事のない様にするべきです。

まだまだあります、次からもっと詳しく説明していきます。

いつの間にか自分が追いかけている

いつの間にか自分が追いかけている

最初は男性側が自分にアプローチをかけてくれていたのに、いつのまにか形勢逆転して自分が追いかける側になっている、こんな事はありませんか?

・恋愛で空回りしがちな女子は、自信や余裕のなさが分かりやすく行動に現れます

ちょっと好意を見せてくる男子がいると「このチャンスを絶対逃してはダメだ!」と意気込んでしまい、予定を彼の為に空け、積極的に自分が追う側、つまり「狩り」の姿勢に転じてしまいます。

もちろん人によっては追われる事を好むという場合もありますが、自分が追わなくても逃げていかなさそうな空回り女子を目の前にすると、「釣った魚に餌はやらない」状態になる事がほとんど。

気づいた時には自分だけが追いかけている状況になり、連絡を取ったりデートに誘ったりと、なんとかして彼に振り向いてもらえる様に必死になっていた……。

こんな哀しい事態は避けたいものです。

無理に心の広さを演出する

恋愛上手に見せかけて、実際には空回りしている女性もいます。

「男性って、浮気する生き物なのよ」と、恋愛経験が豊富そうで、余裕のあるこんな言葉。

確かに、男性は浮気しやすい生き物かもしれません。

・しかし、だからと言って最初から浮気してもいいような空気を醸し出してしまっては、男性のそうした部分を助長しかねません

本心では傷ついたり悲しんだりしているのに、無理をして受け入れているかのように見せかける。

まさに痛々しい女性の典型ですが、そういう女性に限り「私なんて……」と、苦しい状況に酔いしれている、俗に言う「悲劇のヒロイン」状態なのです。

・それはもう相手の事が好きなのではなく、辛い恋をしている自分に恋をしているだけ

もし貴女が毎回、辛い恋愛ばかりしてしまいがちというのであれば、なおの事気をつける必要があるでしょう。

自分を客観視して空回りを避けよう

当てはまる「空回りポイント」はあったでしょうか。

恋に落ちると夢中になってしまい、気づかないうちに恥ずかしい行動をしていたり、全然うまくいっていない状態に気づかない、そんなのは本当によくある事です。

・積極的に行動するのは恋愛においてとても大切ですが、やらかしてしまいがちという女性は、行動する前に一呼吸置いてから行うといいでしょう

冷静な客観的視点を持つように心がければ、行動力はある貴女です。恋愛をもっと楽しめるはずですよ。

実る恋と実らない恋の違いはどこにある?

以前Shinnojiが執筆したコラムです、こちらも是非合わせて参考にしてみて下さい。

人気のキーワード

KEYWORD

彼氏持ちの人気記事ランキング

CATEGORY RANKING

今月の人気記事ランキング

RANKING
ページトップへ