微妙な関係

愛情が冷めた彼氏が見せるサイン、気持ちをとり戻す方法は?

彼氏といると、ふとした瞬間に愛情を感じるのと同じで、ふとした瞬間に彼氏の冷めた気持ちを感じることもあります。彼女に対する冷めた気持ちというのは隠していても、行動や言葉の節々に出てきてしまうものです。なぜなら、それが心の奥に隠された本音だから。

愛情が冷めた彼氏が見せるサイン、もう一度気持ちをとり戻す方法は?

彼氏が彼女に冷めているサイン

彼氏といると、ふとした瞬間に愛情を感じるのと同じで、ふとした瞬間に彼氏の冷めた気持ちを感じることもあります。彼女に対する冷めた気持ちというのは隠していても、行動や言葉の節々に出てきてしまうものです。なぜなら、それが心の奥に隠された本音だから。ただ、こういった彼氏の冷めているサインに気づかない女性も多く、「冷めたの?」と思った頃には、彼氏の心は取り返しのつかないほど冷え切ってしまっているというのはよくある話です。そんなことにならないように、彼女に冷めた彼氏は、その気持ちがどういった行動や言動に現れるのかご紹介いたします。

返信が遅い

LINEやメール、SNSなどの会話。いつもはすぐ返信をくれていたのに、最近は返事が遅い……。お付き合いが長くなって、お互いに安心して連絡頻度が多少減るというのはよくあることです。ですが、明らかに返信できるタイミングなのに返事がこなかったり、内容が極端に短くなったり……。こんな時は彼氏の愛情が冷めていないかを疑うべきです。過剰な彼女からの連絡に少し鬱陶しさを感じているだけなのか、他に原因があってあなたに冷めてしまっているのか、早いうちにはっきりさせましょう。

デートに誘わなくなる

彼氏からのデートのお誘いが極端に減るのも、彼氏の気持ちが冷めているサインです。愛情が冷めているので、本来は楽しいはずのデートも行きたくない気持ちの方が勝ってしまうのです。また、最初は行くと言っていたのにドタキャンしたり、今までにはないような遅刻の仕方をしたり、体調不良などを理由に急きょ別日への変更をお願いしてきたり……。こうした行動も、デートへの優先順位が著しく下がっているからに他なりません。長い間デートというデートをしていなかったり、誘うのはいつも彼女からになっている……。こんなカップルは要注意、彼氏の気持ちが冷めはじめているのかもしれません。

返事がそっけない、生返事

普段からの仕草の中で、冷めている彼氏の分かりやすいサインが、彼女と話している時の態度です。明らかに今までと違う適当な返答や空返事は、あなたへの愛情が冷めつつあるからかもしれません。一度、彼女に構っているのが面倒だと感じてしまうと、こうした態度が表に出やすくなります。本人はちゃんとしているつもりでも、やる気のない対応というのはなんとなく伝わってくるものです。露骨に適当な対応ばかりする彼氏の心は相当に冷えているはず、何が不満なのかを早めに話し合って改善しなければ、お付き合いは長続きしないでしょう。

会話が続かない

返事がそっけない例と少し似ていますが、彼氏が冷めているかどうかを見極めるには、会話の回数が減っているかどうかもポイントになります。明らかに会話の回数が以前に比べて減っているなら、彼氏が何かしら飽きを感じていたり、冷めはじめている可能性が高いです。ただ、会話が少なくても通じ合っているカップルというのも存在していますよね。ここで見るべきは、「会話の回数よりも、会話を打ち切ろうとしているかどうか」です。話に対するリアクションが、まるであなたを避けてるようになったら要注意。あなたに対する否定的な感情から、すぐさま会話を切り上げたい心理が表れているのかもしれません。

スキンシップを嫌がる

手を繋ぐのもそうですし、キスやハグなど、カップルの特権であるこうしたスキンシップを拒絶されたら……。考えたくもないことですが、かなり高い確率で彼氏の気持ちは冷めているはずです。本来愛する人だからこそとりたいスキンシップを嫌がる理由は、それほど多くありません。どうして拒否するのか、聞きにくい部分ではありますが、解決しないことには二人の関係も長くありません。

予定を教えてくれない

カップルがお互いの時間を作るためには、それぞれの予定というのをある程度共有しなければなりませんよね。彼女に冷めている彼氏はこうした自分のスケジュールへの彼女の干渉を極端に嫌がるようになります。今まではいつ空いているかすぐ教えてくれたのに、空いている日をなかなか教えてくれなかったり、濁したりするのは、あなたに対してスケジュールを明確にしたくない理由があるから。彼女への気持ちが冷めた彼氏は、彼女と一緒にいたくないと考えますし、デートだってしたくなくなっています。その気持ちがわかりやすく態度に現れるのが、このように予定を濁して教えようとせず、あなたを避けるパターンです。

彼氏が冷めてしまう原因

お互いに好きだから付き合った二人なのに、気持ちが冷めてしまう原因はどこにあるのでしょう? 男性というのは見ていないようで、彼女の小さな行動を見ているものです。あなたにとっては何の気にもならない無意識の行動や言動でも、それが彼氏にとっては冷める原因になってしまう場合があるのです。では、彼氏は彼女に冷める原因となるきっかけをご紹介いたします。

元彼の話をする

彼氏の前で元彼の話をするのは、最も彼氏の気持ちが冷めてしまう行為です。寛容な彼氏であれば、あなたの機嫌を損ねまいとニコニコと頷き、話に耳を傾けてくれているはずですが、元彼や男友達の自慢トークは、彼氏が彼女から聞いて最もつまらないと感じる話題です。彼氏はあなたの元彼のことなんて基本的にどうでもいいんです。もちろん彼氏は、あなたに元彼や男友達がいることくらいわかっています、過去にあったことや現在の交流自体を否定するつもりはないでしょう。しかしながら、そんな人たちとの話が聞きたくてあなたと付き合っているわけでもありません。元彼の話や、自分以外の男の話を嬉しそうにされると、彼氏は内心うんざりしているはずです、続ければ続けるほど、気持ちは確実に冷めていくでしょう。

悪口、陰口

「○○ってうざいよね」「○○さんが嫌い」、こういった悪口や陰口は彼氏とシェアしたところでなんのメリットもありません。もちろん完璧な人間なんていないのでついつい口にしてしまうこともあるでしょう。大抵は大目に見てもらえますが、習慣のように繰り返してしまうと、「自分も見えないところで好き勝手に悪口を言われているのかも」と疑われても仕方ありません。他人のことを悪く言う彼女の姿ばかりを見ていると、愛情が冷めるのも無理ありません。

奢ってもらって当然という態度

奢ってもらって当然という態度

付き合いたてだったり、まだ友達以上恋人未満の関係という場合は、あなたのことを好きな男性は食事やデートの会計を自分が持とうとするでしょう。もうお互い十分に関係を築いてきて分かり合っているのなら別にかまいませんが、そういう関係になって日が浅いにもかかわらず、「男が払って当たり前」「養ってもらって当然である」といった態度をとってしまうと、男性の気持ちは急速に冷めていきます。もちろん、あなたが彼氏に対してそれだけの対価を提供しているのであればこの限りではありませんが、心には留めておきましょう。大半の男性は、割り勘をしてほしいというわけではなくとも、配慮する姿勢くらいは見せてほしいと思っています。こういった価値観の部分で一度愛情が冷めてしまうと、惚れ直させるのは至難の業です。

依存・束縛が強すぎる

重すぎる愛情も彼氏が冷める原因になります。LINEなどで彼氏に過剰な連絡を要求したり、いつでも一緒にいないと必要以上に不安になったり、構ってほしいがゆえにすぐ別れると言ってみたり。彼氏に強く依存した状態は、最初こそ彼氏も愛情深い彼女を可愛く思いますが、時間が経つにつれてだんだん鬱陶しくなり、重く感じる頃には修復不可能なほど愛情が冷めきってしまいますので、何事も彼氏が最優先になってしまう彼女さんは注意が必要です。

将来の話をしすぎる

彼女の方が先走って考えすぎることで、彼氏が温度差を感じて冷めてしまうケースもあります。よくあるのが結婚の話。すでに婚約した二人というわけでもないのに、お付き合いできたことに舞い上がってしまい、すぐ将来の話をしてしまう女性がいますが、多くの場合この行動はおすすめしません。もちろん彼氏はあなたが好きで付き合っているわけですが、いきなり結婚した後のことまで考えているわけではありません。彼氏が全く結婚のことを考えておらず、今はあなたをもっと知りたいというタイミングなのに、あなたが結婚の話ばかりしてしまうと、気持ちの差についていけなくなって冷めてしまうのです。将来の話は、深く信頼し合った二人だからこそ少しずつ話し合っていけるんです。

だらしない部分を見る

他人のどうしようもなくだらしない部分を見た時、面と向かってそれを指摘するのってなかなか勇気が要りますよね。それは彼氏も同じことです。ひとり暮らしの彼女の部屋などはその典型で、散らかった部屋を見られたり、ずっと掃除をする気配がなかったり、台所に洗い物が山のように積まれていたり……。どこをだらしないと感じるかは人それぞれなのですが、ある種、こうした部分というのは、「俺の彼女だから綺麗に決まってる」と、彼女の対して勝手な理想を作り上げている男性が多く、現実との差があまりに大きいと一気に幻滅してしまうのです。勝手な話ではありますが、度を過ぎただらしなさは男性が冷める原因になることは間違いないため、見せないに越したことはありません。

冷めた気持ちをとり戻すには?

お互いの愛情は冷めないに越したことはありません、でも、ずっとラブラブでいるというのもそれはそれで難しいことですね。彼氏と彼女、どちらかの愛情が冷めてしまった時に、もう一度やり直すにはどうすればいいのでしょうか。基本的には、相手の自由を認めて、彼の行動を受け止めて認めてあげる、その上で自分の魅力も認めてもらう、そんな関係づくりを心がければ、お互いに恋愛関係を長続きさせることができるようになるはずです。そうなるための具体的な方法をご紹介いたします。

お互いのプライベートを大事にする

ラブラブだからいつも一緒にいるというのは素晴らしいことではあるのですが、あなたはよくても、実は彼氏の方はやりたいことができずにストレスが溜まっているのかもしれません。付き合っていてもお互いのプライベートな時間というのは大切です。一人の時間があるからこそ、パートナーと一緒にいる時に、より楽しさや嬉しさを感じることができるのです。「一緒にいすぎ」というのも、時に彼氏が冷める原因になりますので、そんな時は、プライベートな時間を大切にすることを意識してみましょう。

彼氏を立てる

男性は、口ではどんなことを言っていても、あなたが思っているほど強くはない生き物です。ただ、強い男でありたいと思っているだけなんです。それは、あなたの前ではかっこいい男でいたいからに他なりません。「頼りがいがあるね!」「さすが」と、彼女に褒められたり認められたりされるだけで、自信が持てるものなのです。彼氏を飽きさせない女性は、こうしたタイミングで逐一、男性を立てるのが上手です。実際のところはどうであっても、好きな女性から認めてもらったというその言葉が、何より男を強くさせます。わかっていても彼氏に任せて一歩引く、これができるのが彼氏を育てる彼女さんです。

冷めた理由をはっきりさせる

基本的に、彼氏が彼女に冷めるにはしっかりとした理由があるものです。大事なのは自分の行動を自分で見直して、変える努力をすることにあります。なぜなら、普通不満があるなら相手に伝えたり、話し合いをしようとするものです。ですが、彼氏はそれをしていません。つまり「伝えても、もうダメかな」と思っているのです。これがあなたに冷めているということです。冷めていないのなら、しっかり口に出して改善を求めてくるはずです。彼氏があなたと向き合う気持ちがあるうちに、あなたのどういった部分に冷めてしまっているのかを明確にして、二人で改善策を考えて実践していくことが大切です。

人気のキーワード

KEYWORD

微妙な関係の人気記事ランキング

CATEGORY RANKING

今月の人気記事ランキング

RANKING
ページトップへ