喧嘩中・問題アリ

彼氏ができても、短い恋愛を繰り返してしまう女性の特徴は?

好きだったあの人とようやく付き合えたにもかかわらず、数日から数週間ですぐ別れてしまう人、いますよね。仲もよかったのに、どうして終わってしまうんだろう? と、周りも不思議に思っているかもしれません。「彼氏はできる、でもお付き合いの期間はいつも短くて、彼氏と一年続いたことがない……」こんな相談、本当に多いのです。

彼氏ができても、短い恋愛を繰り返してしまう女性の特徴は?

どうして短い期間で恋が終わるの?

好きだったあの人とようやく付き合えたにもかかわらず、数日から数週間ですぐ別れてしまう人、いますよね。仲もよかったのに、どうして終わってしまうんだろう? と、周りも不思議に思っているかもしれません。「彼氏はできる、でもお付き合いの期間はいつも短くて、彼氏と一年続いたことがない……」こんな相談、本当に多いのです。このタイプの女性は、大半が短いお付き合いの中で、自分では気づかないうちに彼氏に嫌な部分を見せてしまっています。では、それはどんな部分なのでしょう? 交際期間が短く、恋愛がすぐ終わってしまう人の特徴を抑えて、今後のお付き合いに役立てていきましょう。

理想が高い

短い恋愛ばかり繰り返す女性の中で最も多い理由がこれ。とにかく男性に対する理想が高すぎて、せっかくお付き合いまでこぎつけても上手くいかずにすぐ終わってしまうんですね。もっといい人、もっといい条件の人、という自分勝手な理想。そうやって見つけた理想の相手に、自分が嫌だと思う部分が少しでも見つかると、幻滅したと言ってすぐ別れてしまう……。これによって短い恋愛ばかりをしてしまう女性が一番危険です。理想の人は、あくまで理想の中にしかいないのです、そして現実にいる人はあくまで現実であり、全部あなたの思い通りにはなりません。彼氏はアクセサリーを付け替えるのとはわけが違うのですし、あなたに理想があるように、彼氏にだってある程度の理想はあるということは、忘れてはいけません。

束縛が激しい

短いお付き合いばかりしてしまう女性が、つい彼氏に対してやりがちな行動、その最たるものが「束縛」です。ほとんどの男性は基本的に過度な束縛はされたくないものです。いつ、誰と、どこで、何をしていたのか? どうして自分が一番じゃないのか? なぜ連絡をくれないのか? このような内容は、彼氏のことを信頼しているのであれば、本来そこまで詳細に問い詰めなくてもいいはずですし、言葉にせずともあなたが彼氏の一番のはずです。彼氏が自分のことを愛してくれているか不安になるから束縛に走ってしまうわけですが、何でも彼女に干渉されて、お付き合いするにも息が詰まってしまうと、いずれその苦しさに耐えられず、多くの彼氏は別れを選択してしまうはずです。付き合った当初は可愛い彼女だと思っても、束縛癖があるとわかった瞬間、即別れようとする男子も多いので、結果お付き合いしてもすぐ振られてしまうというわけです。

嫉妬深い、やきもち焼き

束縛に近いものがありますが、愛情が強すぎる女性というのも、その愛情の強さゆえにかえって短い恋愛ばかり繰り返してしまうことがよくあります。独占欲も強いため、恋をすると相手のことで頭がいっぱいになってしまい、一途といえば聞こえはいいのですが、一途過ぎて逆に相手にとって重荷になってしまうのです。彼氏と常に二人一緒にいないと不安で、例えば友人付き合いでも、仕事でも、仕方のない理由があるのに一緒にいることを拒むとすぐ浮気を疑ったり、彼氏がその間一緒に過ごす相手に強烈に嫉妬したり。ちょっとした彼女の嫉妬は可愛いと感じる男性も多いですが、このレベルになると可愛いと思う前に逃げる準備をはじめるはずです。

自分優先のデートばかり

自分本位になりすぎる交際も、短い期間で終わってしまう恋愛の特徴です。あなたが彼氏とデートする時、行き先が全てあなたの行きたいところになっていませんか? せっかくのデートで二人一緒にいるにもかかわらず、あなたの都合ばかりを彼氏に押しつけているならそのお付き合いは黄色信号。最初はよくても、次第に彼氏は面倒になってくるはずです。デートで行きたい場所、したいこと、食べたい物。これらを一緒に決めるから、彼氏、彼女ともにデートが楽しめるのです。今まで自分本位なデートしかできていなかったのなら、どこに行きたいか、何をしたいか、次の休みはどうするか、彼氏の意見もしっかり聞いた上で、自分の考えも伝えてみて下さい。デートが楽しければ、彼氏も「また一緒に行きたい」と思ってくれるはずですし、毎回あなたばかりが楽しそうなのであれば、当然ながら、「もう行きたくない」と思ってしまうわけです。

毎日恋愛していないと不安

いつでも恋愛していないと不安な、いわゆる恋愛体質の女性。好きになる相手を選り好みするものの、見極め方が雑なため、結局いつも自分に不釣り合いな恋愛をしてしまって結果、短いお付き合いで終わってしまいがち。そうして一人になると不安になり、周りのキープしている男性の中からまた恋愛対象を無理やり見つけて……。男性をパートナーと考えているのではなく、アクセサリーやステータスのように捉えてしまっているようでは、異性と長く続くいい交際関係を作るのは難しいでしょう。

飽きやすい、冷めやすい

物事に対して、すぐに熱が冷める、飽き性な女性。相手のことを好きになってお付き合いするまでは、まるで大恋愛のはじまりかのように猛烈なアプローチとともに男性の恋心を掴みにいくのですが、いざお付き合いに発展して、一度でも望んだものを手に入れてしまうとそれまで燃えていた情熱は一気にクールダウン、冷めきって関心がなくなってしまいます。倦怠期のように、恋愛には長くお付き合いを続けていると、その熱がお互いに落ち着いてくる期間というのは確かにありますが、冷めたからすぐ別れて……、またすぐ好きになって……という恋愛の繰り返しは、自分にはその恋愛に非がなかったように見えてしまって、中々改善されません。

尽くしすぎ

彼氏に尽くしすぎる女性というのも、短期的な恋愛をしてしまいがちな傾向にあります。大好きな彼氏のために何かしてあげたい、その思いやりの心は素晴らしいものなのですが、自分の思いだけで行動してしまうと、いざ彼氏に冷められたタイミングで、「こんなに尽くしたのに!」「してあげたのに!」とヒステリーを起こしがち。恋愛に、「尽くしたんだから、あなたも同じだけ尽くし返して」というような取り決めは不毛です。本当に相手のことを愛しているのなら、尽くそうと思うタイミングにいちいち見返りのことなんて考えないはず。尽くすことでしか愛情を表現できないと思うのなら、それ以外の部分で自然と愛され、彼氏に必要とされることを考えるべきです。

自分の好みを押し付けすぎ

いざ好きな人と付き合えると、大好きな彼氏に自分のことをもっと知ってほしいという気持ちが強くなりますよね。ですが、その気持ちが強すぎるとお付き合いは短い期間で終わってしまいます。自分の好きな音楽、漫画、モノ、デートの仕方などを彼氏に教えて、自分色に染めたいという気持ちは、強くなればなるほど彼氏を締めつけることになります。誰だって最初はお互いのことを想ってお付き合いをはじめるもの。付き合ってまだ日も浅いのに、あれもこれもと自分の好みや趣味ばかり押しつけてしまうと、短い期間でお付き合いを判断されてしまうのも無理ありません。

ネガティブ思考

ネガティブ思考であることが必ずしも悪いとはいいません、ただ、恋愛ではネガティブ思考であることで損をすることも多いのが事実。今回もそのひとつで、ネガティブ思考な女性ほど、恋愛対象を見つけることはできても、加点方式ではなく減点方式でチェックしてしまいます。結局、相手のダメなところばかりに目が行ってしまい、その人のいいところをなかなか見つけることができません。お付き合いに発展しても、一度目についた彼氏のちょっとしたマイナス要素が気になってしまい、お付き合いを続けるべきかグルグルと考え込んでしまうのです。

短い恋愛ばかりの自分を変えるには?

短い恋愛ばかりの自分を変えるには?

短い恋愛ばかり繰り返してしまう女性は、もちろん彼氏に問題がある場合もあるにはありますが、多くの場合、自分自身にその原因がありながら、それに気づかない(気づけない)ことが大半です。恋愛に関するデリケートな問題なので、周りがわかっていても指摘しづらく、正解はないのでアドバイスするのも難しいのです。では、そんな短期型恋愛を繰り返さないためには、どのようなポイントに気をつけて恋愛のステップを踏んでいくべきなのでしょう。次からご紹介いたします。

恋愛対象を見極める(観察する)

すごく美人で可愛くて、性格もよくて、男性からの引く手あまたのはずなのに、なぜか借金持ちのくだらない男と付き合っている。同じく美麗でいくらでもモテるのに、彼氏は無職でヒモ状態。こんな女性、たまにいると思いますが、彼女たちが不毛な恋愛ばかり繰り返すのは、好きになる男性のことを見極める前に付き合おうとしてしまうから。誰彼構わず恋愛対象にしても恋愛はなかなかうまくいかないことの方が多いはず。自分に合いそうな人なのか、付き合った女性を大切にしてくれそうか、それくらいは付き合う前にしっかり観察する癖をつけましょう。

保険やストックはしない

短い恋愛を繰り返して、彼氏がいないとすぐ不安になってしまう女性がやってしまいがちなのが、保険やストック、キープと呼ばれる男性の扱い方です。万が一、今の彼氏に振られてしまっても、次に自分を愛してくれる男性がすぐに見つかるようにとこうした行動に走ってしまうのですが、あなたが真剣に一人の男性を愛そうとしないのに、男性の方だけが愛してくれるということはまずありません。真剣にあなたのことを想ってくれる男性を見失うことにも繋がってしまいますので、いいな、と思う男性がその時複数人いたとしても、最終的にお付き合いする時にはそれを一人の男性に絞って下さい。

加点方式で男性を見る

最初からパーフェクトの男性をみつけるのは大変な苦労です。逆にパーフェクトなのだとしたら、これからはマイナス面しか見えてこない、ということにもなります。あなたの理想により近い男性を見つけたのなら短所ばかりに目を向けるのではなく、長所を見つけて加点方式で男性を見ましょう。そうすることで、男性を愛することも上手になります。

短い恋愛をするのには理由がある

あなたが短い恋愛を繰り返してしまうのは、それだけ短い恋愛にしかならない恋の仕方をしてしまっているからです。ただ、ご紹介したポイントに当てはまったとしても、自己嫌悪に陥らないで下さい。あの時、ああしていれば、こうしていれば、そうやって過去ばかり振り返っていても仕方ありません。何より後悔だけの恋愛を思い出していても、あなた自身が楽しくないはずです。むしろその失敗を活かして、次はこうしよう、こうやったら相手に喜んで貰えるだろうか、そうやって試しながら成長していくことが、短い恋愛から抜け出す一番いい方法なのですから。

人気のキーワード

KEYWORD

喧嘩中・問題アリの人気記事ランキング

CATEGORY RANKING

今月の人気記事ランキング

RANKING
ページトップへ