片思い中

女性からデートに誘いたい! 好きな人が好感を抱くデートの誘い方まとめ

女性から男性をデートに誘うのはそう難しいことではなく、大手女性メディアのアンケートでは、女性からデートに誘われて嬉しいと感じる男性は、「90.6%」と、9割以上の男性が女性からのお誘いに肯定的。ほんの少しの勇気があれば、好きな人をデートに誘うのは難しいことではありません。

女性からデートに誘いたい! 好きな人が好感を抱くデートの誘い方まとめ

好きな男性を誘ってデートしたいけど……

気になる男性をデートに誘いたい……、でも断られるのは怖いし、女性から誘って引かれない? そんな風に臆病になる女性が多いと聞きます。しかしながら、一方で大手女性メディアのアンケートでは、女性からデートに誘われて嬉しいと感じる男性は、「90.6%」と、9割以上の男性が女性からのお誘いに肯定的なので、マイナスに構える必要はないのです。むしろこの数字を見ていると、足踏みしていると他の女性に先を越されてしまうかもしれませんね。ほんの少しの勇気があれば、好きな人をデートに誘うのは難しいことではありません、思っていた以上の結果が返ってくるかもしれませんよ。

女性から上手にデートに誘いたい

女性からのデートに誘われて嬉しいと感じる男性は9割以上とお伝えしましたが、肝心なのは、女性からのデートの誘い方ですよね。女性からのお誘いが嬉しいとはいえ、下手な誘い方をしてしまうと好きな人を勘違いさせたり、困惑させる原因になってしまいます。勇気を出してデートに誘うのなら絶対に失敗はしたくありません、では、男性が喜ぶ女性からの上手なデートの誘い方をご紹介いたします。

ストレートに誘う

遠回しな誘い方よりも、ストレートにデートに誘われることを嬉しいと感じる男性はとても多いです。濁されるよりもはっきりと、「会いたい」という気持ちを伝えられるのが嬉しいというわけです。女性からストレートにデートに誘うことで、男性の方も、あなたが自分に好意を持ってくれていると気づく場合もありますし、多少強引な誘い方でも、嬉しさの方が強く好印象なことが多いので、考えるよりも行動派の女子には特におすすめです。男性からしても、あれこれ考えられるより、直接誘ってくれた方がわかりやすいというのは、考えて見れば当然かもしれませんね。

彼の好きな映画やイベントで誘う

好きな人と共通の趣味や好きな作品があるのなら、そういったポイントは是非活用しましょう。彼の好きな作品の映画やイベントに合わせてデートに誘うのは、女性から声をかけやすくとても合理的。彼の方も自分と同じものに興味を持っていることを嬉しく思うはずですし、盛り上がりに欠けることもなく、次のデートにも繋げやすいはずです。デートの仕方次第では、次は彼の方から積極的に誘ってくれるようになる場合もありますので、そうなったら一気に距離を縮めてもいいでしょう。

相談したいことがある

多くの男性は、女性から頼りにされて嫌な気分にはなりません。異性が自分にだけ打ち明けてくれる相談ごとには、できる限り力になりたいと思うものです。「折り入って相談したいことがある……」というのも、女性からの上手なデートの誘い方。彼があなたに多少なりとも好意があるのであれば、放っておくことはしないはずです。ただ、この方法で気をつけたいのは、本当に相談がある状態で誘うこと。嘘の相談を持ち掛けてしまうと、真剣に相談に乗ろうと思っていた彼からすると、悪印象になってしまうことも。彼にしかできない相談があるなら、素直に誘いやすいはずです。

男の人と一緒に行きたい場所だから

「女子だけだとちょっと行きづらくて……」、こういった誘い方も男性の、「頼られたい」という心理をくすぐる方法です。もちろん、事前にデート先の調査は済ませておきましょう。テーマパークや水族館、新しくできたスポットなど、必然的にカップルが多くなりそうなところは、一人で行くのも勇気が要りますし、女性だけで行ってもそれはそれで寂しいものです。話題の場所なら彼も一緒に行ってくれる異性がいれば嬉しいはず。この時のポイントは、「男性と行きたいけど、誰でもいいわけじゃない」というスタンスでいることです。

仕事帰りなどに気軽に誘う

職場やクラスが同じだったり、好きな人との距離が近いと、改まってデートに誘うのって結構難しいんです。そんな時は、気構えずに気軽に声をかけるスタンスを持ちましょう。仕事帰りに気軽に外食に誘ってみたり、新しくできた居酒屋に行ってみたり。お互いに気をつかいすぎない場所でちょっとずつ二人きりになれる時間を増やしていくことで、徐々に距離も縮まってよりデートに誘いやすくなるはずです。学生ならファストフード店やゲームセンターなど、比較的にデートとして敷居が低い場所であったとしても気にする男性はほとんどいないでしょうから、どんどん気軽に誘っていきましょう。もちろん、最初は周りの人間を巻き込んでいって、そこから徐々に二人きりで遊びにいくといった方法もおすすめです。

ショッピングに付き合ってもらう

若いカップルに最近おすすめのデートスポットとして挙がりやすいのが大型のショッピングモールです。中には映画館などがあるところもあって、一日中歩き回っても飽きません。色々なスポットがあるので飽きることなく、男性も女性にあれこれ気をつかわなくていい分、誘われてもOKしやすいという声も。一緒にショッピングをすることで、好きな人の好みなども把握しやすく、プレゼント選びの参考にもなったりするので、意外と侮れません。そして、好きな人とショッピングする上での注意点はひとつ、彼の興味のないお店をずっとぐるぐる徘徊してしまうと、彼もだんだんうんざりしてくるので、お互いが楽しめる場所を回るようにして下さいね。

こんなデートの誘い方はNG

女性からのデートのお誘いは、ほとんどの男性が嬉しいと感じてくれるのですが、必ずしても絶対に成功するというものではありません。もちろん誘い方次第で失敗してしまうことだってあるのです。自分都合なデートの誘い方ばかりしてしまうと、男性からは悪印象。「予定確認して返事する」とLINEがきてそのまま……、なんてことにもなりかねません。女子が知っておくべき、ダメなデートの誘い方をご紹介いたします。

曖昧な誘い方をする

好きな人をデートに誘うのって、とても大変で勇気のいることですね。でも、恥ずかしさのあまりに曖昧な誘い方になってしまうと、男性には逆効果。あなたは真剣に誘っているのに、好きな人の方は社交辞令だと思って、「また今度行きましょう」なんて言われてしまうと、たまったものではありませんね。「行きたいですね~」、「行ってみたい~」と、相手の方から決定的な言葉を引き出そうとするような曖昧なデートの誘い方は、男性からすると回りくどくて分かりにくいものです。あんまりしつこいと、「そんなに行きたければ、行けばいいのに……」なんて思われてしまうこともあるのでご注意を。

暇だから誘う

暇だから誘う

「暇だから、どこか行かない?」という言い回しは、最高に相手を誘いやすいフレーズかもしれません。でも、言われた方は、自分のことを単なる暇つぶしの相手と見られている感じになって、いい気はしないものです。この誘い方が悪いわけではないのですが、気の合う友達同士の時に使ったりと、相手によって使い分けるようにした方が賢明です。照れ隠しで女性が思わず使ってしまいがちな、「その日、暇だから」、「急に予定が空いたから」といった、時間を持て余した系の理由は、男性に自分は穴埋め程度の存在だと思われることもありますので、好きな男性ならデートに誘う時は明確な理由を告げた方が好印象です。

行き先が決まっていない

「好きな人となら、どこに行っても楽しい」その言葉に嘘はないのかもしれませんが、あなたはそう思っていても、好きな人もそう思ってくれているかはまた別の話です。デートに誘われたら、男性だってそれなりに準備をしたり下調べをして、あなたに失礼のないようにしたいものです。何も決まっていないノープランだと、いい行き先が思い浮かばず、会話も減ってお互いにつまらない時間を過ごすことになってしまうかもしれません。楽しいデートを想像するから、男性の方もOKしやすくなりますので、ある程度デートプランは決めた状態で誘う方が望ましいでしょう。

ついでに誘った感がする

「友達の誕生日プレゼントを買いにいくけど、一緒にいく?」といった、ついでに誘われているような言い回しの誘い方も、男性のプライドを傷つけがちなデートの誘い方です。男性からすればもはやデートなのかただの付き添いなのかも分からないはずで、無意識の照れ隠しだったとしても、上から目線になってしまったり、相手を中心にしない誘い方はおすすめできません。この場合なら、「友達の誕生日プレゼントを買いたいけど、男性の意見も欲しいから是非付き合ってほしい」など、自然な言い回しで誘うようにしましょう。ただ、ついで感があるとどうしても男性はデートという感じにはならないので、「終わった後、二人で」と言ったように、デートとしての特別感の演出もお忘れなく。

女性からでも勇気を出して

好きな人を前にすると、何気ない会話をするのだって精一杯という女性も多いかもしれません、でもずっとそのままでは、関係が進展しないのもまた事実です。よっぽど変な誘い方をしない限りは、男性は女性からデートに誘われて不快に感じることは少ないはずです。あなたの他に好きな人に好意を抱いている女子がいるなら、余計にスピード勝負になる場合もあります、きっかけは早く作った方が熱も冷めずにアプローチもしやすいものです。是非勇気を出して、好きな人をデートに誘ってみましょう、あなたの恋を応援しています。

人気のキーワード

KEYWORD

片思い中の人気記事ランキング

CATEGORY RANKING

今月の人気記事ランキング

RANKING
ページトップへ