男が女に思うこと

泣き虫な女ってなし? 泣かれるとうざいと思う場面や男性の本音

泣き虫な女ってなし? 泣かれるとうざいと思う場面や男性の本音

泣かれるとうざいと思う場面

女性の中には、自他ともに認める泣き虫、という人も少なくないでしょう。でも男性にとっては、泣き虫な女性は可愛い反面、困ってしまう存在であることも…。

ここでは、男性が泣き虫な女性に泣かれた時うざいと思う場面と、泣き虫な女性に対して男性が感じている本音について掘り下げていきます。

まずは、泣かれるとうざいと感じる場面から見てみましょう。

周りの目が気になる場所で

なんといっても、屋外の人の多いところなど人目が気になる場所で女性に泣かれた時、男性は「まいったな」と感じるものです。

他人にじろじろ見られるし、ちょっとした行き違いで女性が泣きだした場合でも周囲からはそう見えず、男性のデートDVなどを疑われることもあります。

泣き虫な女性は感情が高ぶるとすぐ泣いてしまいますが、ちょっと場所は選んでほしい、と男性は困るものです。

責めたとき

また、些細な意見の違いやアクシデントがあって少し女性を責めた時、すぐ泣かれるとこれも、男性は「また泣く…」と弱ってしまいます。いちいち泣かれたのでは話が進まないし、放っておくこともできないしで辛いもの。

これは、男性は起きたものごとの結果について責めていても、女性は自分自身が責められていると感じ、我慢できなくなってしまうせい。泣き虫な女性は、どこかに冷静さを意識するといいかもしれないですね。

思い通りにいかないとき

それと、カップル間での話し合いや方針が噛み合わず、思い通りにいかない時も、女性がその雰囲気に泣いてしまうと男性は「泣いたって解決しないだろ」とうざさを感じてしまいがち。

男性は建設的な話し合いや問題解決を重視しますが、女性はその時の感情・感覚が前にでるので、男性から見て「すぐ泣く」と感じられやすいのです。

仕事中

また、男性が仕事中に泣きついてくる女性に対しても、男性は「うざいな…」と思うもの。

でもこれは当たり前のことです。緊急や非常事態は別ですが、女性がいくら泣き虫でも、男性が仕事なのを知っているのに泣きついたりするのは絶対NG。

優しい男性だとはっきり「うざい」とは言わないですが、かなり迷惑とストレスを感じているはずです。

飲み会

そして、飲み会中に泣きだす女性に対しても男性は「勘弁してくれよ…」と頭を抱えたくなるもの。

酔うと泣き虫になる女性も多いですが、楽しく盛り上がるための飲み会でわんわん泣きだすのはやはり禁物。周りの空気も壊しますし、みんなのテンションが下がってしまいます。

なお、彼氏が飲み会へ行っている時に、電話をして泣く女性もいますがこれもかなりうざったい行為です。

泣き虫な女のことを男性はこう思っている!

泣き虫な女性はすぐ泣いてしまいますがその時、男性は口にだすかどうかはともかく、本音ではいろいろなことを思っています。

以下の七つは、泣き虫な女性が泣いている時に男性がよく感じている本音の声。

泣き虫な女性は泣くことをコントロールできない場合も多いですが、泣いている時に男性はこう感じていると知り、せめて泣きやんだ後には「泣いちゃってごめんね」とフォローできるといいですね。

「素直で可愛い」

泣き虫な女性が泣いた時、それを素直で可愛いと感じる男性もいます。

これは女性に対して男性がかなり年上だったり、特に包容力がある男性に多い感想。

また、例外として喧嘩の最中にぐずぐず泣くのではなく、嬉し泣きなどいいことがあって泣いてしまう場合は、ほとんどの男性が「可愛い」と思ってくれます。嬉し涙は、うざいと思われることはないでしょう。

「正直めんどくさい」

ことあるごとに泣いたり、泣きやんだと思ったらまた泣きだす女性には、男性もうんざりしてめんどくさいと思うものです。

これはでも、仕方のないことでしょう。赤ちゃんでもあるまいし、泣き虫だからといってずっと泣いていては実際に面倒です。

涙は女の武器といいますが、泣けば男性が優しくしてくれると思っている女性はその考えをやめた方がいいでしょう。

「どうしたらいいのか分からないので困る」

また、女性の扱いに不慣れな男性は特に、女性に泣かれるとどうしたらいいかわからなくて困ってしまう、という人もいます。

自分が泣かせてしまった、と罪悪感を感じたり、どう対処すればいいか見当もつかずおろおろしたり…泣き虫の女性の中には、男性を困らせたくてわざと泣く女性もいますが、男性にはそれが見抜けないので弱ってしまうわけです。

「自分が悪者になっているみたいで嫌だ」

「自分が悪者になっているみたいで嫌だ」

それと、カップル間でいさかいになった際、別に一方的にいじめたわけでもないのに彼女に泣かれると、自分が悪者みたいで嫌だと思う男性もいます。
こういう時、男性は女性が泣くのはずるいと感じ、言い合いになったのはお互いに原因があることなのに、女性が泣いてしまうと「もういいよ」と言わざるを得ず、フラストレーションがたまるケースも多いでしょう。

「嘘泣きじゃないの?」

そして、あまりにすぐ泣く泣き虫の女性には「嘘泣きじゃないの?」と疑いを持つ男性もいます。

これは、姉妹がいるなど女性との接し方に慣れている男性に多い本音。
こうした男性は、女性の強さやしたたかさも知っているため、女性の涙を「どうせ嘘泣きだろ」と冷めた目で見る場合もあります。

事実、男性を思い通りにしたくて嘘泣きをする女性は珍しくないので、男性にもこのくらい冷静な目があった方がいいかもしれないですね。

「子供みたい……」

また、人目が多い場所などで泣きだし、いつまでも泣いている女性には、男性も「子供みたい…」とあきれてしまうこともあります。一緒にいるこっちの身にもなってみろ、と恥ずかしく思ったり、泣きやまないとうんざりして他人のふりをしたくなることも。

泣き虫の女性からすると「ひどい!」と言いたくなると思いますが、あまりにも泣き虫だと、周りがいたたまれなくなる場合もあるのです。

泣かれると話し合いにならない

先にも触れましたが、話し合いで女性に泣かれると、話が進まないし泣いても何も解決しないので、男性は「いいかげんにしろよ」と嫌気がさすことも。

こうなると男性はイライラして、女性はイライラされたことで余計に涙がでて、収拾がつかなくなる時もあるでしょう。これで喧嘩別れになるカップルも少なくないものです。

この場合、いったん冷却期間をとって、フラットな状態で話し合いが持てるようにするのがベストです。

泣き虫でも周りの空気を読んで!

泣き虫の女性は、涙がでるのは止められないから理解してほしい、と思うものですが、それを見ている男性も「少しこっちのことも考えてほしい」と思っています。

泣き虫は性格なら仕方ないですが、せめて人目のある場所では大泣きしないとか、外で泣けてどうしようもない時はお手洗いへ行くなど、女性に空気を読む配慮があればだいぶ違ってきます。

「泣き虫でも可愛い女性」でいられるように、泣き虫な女性は自ら対応をとっていくようにするといいですね。

【PR】
アドバイスで彼の反応がここまで変わる!!

《ヤバい、好きな人がどう思ってるかわかるかもw》

「教えてもらったとおりにしたら、好きな人と話しやすくなった」(19歳 大学生♀)
「ずっと既読無視されてたのに、話し方を変えただけで返事がくるようになった」(26歳 事務♀)
「アドバイスされた通りのことを実践するだけで、ここまで彼の反応が変わるのかと参考になりました!!(笑)」(21歳 フリーター♀)

もう恋愛で失敗したくないあなたへ! 期間限定のチャンスを見逃さないで!

《お試しで診断してみる》

人気のキーワード

KEYWORD

男が女に思うことの人気記事ランキング

CATEGORY RANKING

今月の人気記事ランキング

RANKING
ページトップへ