ライフハック

未練タラタラ? 未練があると思われる女性の行動とは

「元彼に未練がある」と思われる女性の行動まとめ

未練タラタラ? 未練があると思われる女性の行動とは

未練とはやっかいなものです。特に恋愛に関する未練はなかなか断ち切ることができず、本人もどうしていいかわからない上に、知らず知らずその感情に振り回されてしまうことも多いもの。未練はよいことを一つも生み出さず、やり場のない気持ちを生み出すだけとはわかっていても、元彼への執着を手放せないという女性も少なくないことでしょう。

そんなやっかいな未練は、あなたの日常にも大きく影響し、気付かないうちに色濃く形をなしているものです。

今回は、未練タラタラ?未練があると思われる女性の行動についてご紹介します。

別れてからもメールや電話をする

付き合っている時には理由がなくても気軽にできていたメールや電話やLINE。

しかし、別れてしまえば理由がない限りできなくなります。それなのに、なにかしら理由を見つけてメールや電話、LINEをしてしまうのは明らかに未練がある証拠。そこには、本人の自覚の有無にかかわらず、少しでも元彼とつながっていたい・声が聴きたい・自分のことを考えてほしい・できれば自分とのことをもういちど考え直してほしいという願いがあります。

別れてるのにメールや電話をするなんておかしいとはわかっているのにどうしても元彼とコンタクトをとることをやめられないなら、自分が強い未練を抱いているということを自覚しましょう。

元彼の話題ばかり、または嫌がる

愛情の反対は無関心といいますね。つまり愛情がある相手には関心があるということ。

ということは、別れた後に元恋人の話題ばかりするのはいまだに強い関心=愛情があるということにほかなりません。話す内容にいつも大きく元恋人が関係しているなら未練たっぷりといえることでしょう。

逆に、元恋人関連の話題を極端に嫌がるのも強い意識をしていることのあらわれ。未練という強い関心があるために、意識的にその話題を避けてしまうのです。元彼の話題に関して他の人の話題と同じように向き合えない自分がいたら愛情・未練があるとみてよいでしょう。

SNSで行動チェック

別れた恋人の現状など自分には全く関係ないと頭では理解していても元彼のTwitterやFacebook、インスタグラムを覗かずにはいられないのも未練が残っている証拠です。

もう手の届かなくなった元彼の今を知っても自分には何もできないことをわかってはいるのです。それでもチェックしないではいられないのは、元彼を求める気持ちがまだ旺盛だからです。

覗いた結果、自分が傷つき罪悪感を感じるだけということもわかっているし、やめようと思っているのに気が付けば日課のように元彼のSNSをつい見てしまうようなら自分の未練を自覚しましょう。

プレゼントをまだ持っている

誕生日プレゼント・〇カ月記念日の贈り物・二人で揃えたリングなど付き合っている時に元彼がプレゼントしてくれたものを大切に持ち続けてしまうのも未練があるからです。

元彼に一切未練がない場合、もらったプレゼントを廃棄・リサイクルショップに売ってしまう方もいるように、女性は基本的に物に執着することはあまりありません。

そんな女性が大切にするのは物にまつわる思い出・記憶です。楽しかったころの二人の思い出や元彼の気持ちが詰まった元彼からのプレゼントを捨てることができないのは、そのプレゼントに大切な意味があるから。意味を感じるのは未練があるからにほかなりません。

記念日を忘れない

元彼にまだ強い気持ちが残っている場合、元彼との記念日もまた忘れることができません。

例えば、元彼から告白された日や初デートの日、元彼の誕生日など元彼に関連する記念日は、今となっては隣に元彼がいた頃を思い出し、感傷に浸り、悲しくなってしまう日でしかないのに、今も自分にとって特別な日に感じるのは未練があるから。今も思い出にとらわれて、過去から一歩踏み出すことができていないということです。

確かに昔二人にとって大事な日だったとしても別れてしまえば他の日と全く変わらない1日のはず。一緒にお祝いすることもできない日を今も特別に感じてしまうようなら、強く未練があることの証拠です。

間違って連絡をしてしまったフリ

なんとかつなぎをつけたくて、間違ったフリをして連絡をしてしまうのも元彼に未練がある女性がよくとる行動です。

電話をかけ間違えたフリ・送信先を間違えてメールを送ってしまったフリ・LINEで誤爆してしまったフリ……全て「うっかり」をよそおって元彼と接触を図りたいという強い気持ちから出た行動にほかなりません。別れてしまったことでもう正々堂々と連絡をすることができなくなってしまった今の自分の立場から元彼に連絡をするにはミスったふりをするしかないのです。

もちろん相手にはその意図はバレバレ。それでも接触を持ちたいという切ない女心の暴走を自分でもコントロールできない、それが未練以外のなにものではないのは明らかです。

偶然を装う

LINEやメールの偽装誤爆と同じで、偶然を装って会うために元彼の生活圏内に足を運んでしまうのも元彼に強い未練があるからです。

元彼を一目見たいという思いをおさえきれないのです。幸運にも会えれば一時的に心が満たされますし、会えなくても元彼の存在を感じて満足できることでしょう。

しかし、その後で猛烈に悲しくなってしまうという辛いおまけつき。それでも気が付けば元彼とよく行ったお店に顔を出してしまう、元彼の通勤電車の時間に合わせてしまうなど元彼の行動エリア・活動時間に出向いてしまうのをやめられないのは強い未練があなたを突き動かしているからです。

ただ、あまりに高頻度に偶然を装うとストーカー扱いされるので気を付けて。

昔のメールを見返す

ラブラブだった頃の形跡を如実に形に残しているのがメールやLINEです。

過去に元彼から送られてきたメールやLINEのやりとりを見て、昔のことを思い出すことをやめられないのは今も元彼に気持ちが囚われていることにほかなりません。もう過ぎ去った過去、今ではもうどうしようもないとわかっていても、見返してあの頃の幸せな記憶を呼び起こし、傷ついてやるせない今の自分の気持ちをなだめようとしているのでしょう。

メールを間違って消さないように保護したり、スクショを取っていつでも見れるようにしていたら要注意。強い未練にがんじがらめにされているのは明らかです。

今の恋人と比べる

元彼のあとに新しい恋人ができたのに、何かと比べてしまうのも元彼に未練があるからです。

「こんなとき元彼はこうしてくれた」、「元彼ならこうするはず」など、今彼サゲ・元彼アゲになっていたら、それは今も元彼を高く評価しているということ。

前の恋が終わり、新しい恋がスタートし、その人と付き合っているのですから、本来なら今の恋人がベストになるはずです。それなのに、気が付けば元彼と比べてしまうのは、まだあなたの中が元彼ベース・元彼基準になっているからでしょう。

今の恋人にも失礼だとわかっていても比較をやめられないのは、元彼への未練を断ち切れていないせい。

連絡を待っている

連絡を待っている

LINEやメールのメッセージが来たことを知らせる通知や電話が鳴るたびに「もしかしたら元彼からかも?」と一瞬でも期待してしまう、そして送信者を見て元彼でないことがわかるとがっかりしてしまう自分がいたら、いまだに元彼に未練があると自覚しましょう。

なぜなら、それは別れたことを後悔した元彼のほうから「やりなおそう」と言ってきてくれるかもしれないと心のどこかで期待しているからです。

自分のLINEアカウントやメールアドレス、電話番号を変えられないのも同じ心理。元彼から連絡があるかもしれないという望みを捨てきれないからにほかなりません。

連絡先を消さない

別れた後に友達として関係を再構築したならいざ知らず、無関係となった元彼の連絡先など別れてしまえばもう無用のもの。それなのにいつまでも連絡先を消せないでいるのも未練です。

「もしかしたら忘れ物や緊急の連絡があるかもしれないし」、「何か用事ができたときに連絡先がわからなかったら困るし」などもっともな理由を考えて元彼の連絡先を消せない自分がいたら、それは確実に自分こそが元彼からの連絡を待っていると自覚しましょう。

連絡先というわずかなつながりすら消せない・元彼とつなぐ唯一の細い線を自分から切れない=未練以外のなにものでもありません。

次の恋愛ができない

過去の恋愛に区切りをつけ新しい恋愛をしようという気になれないのも未練があるからです。

新しく人を好きになれない・告白されてもその気になれないのは、今も気持ちが元彼のもとに残っているからにほかなりません。既に恋は終わっているのに、「好きな人」というポジションには今も元彼が居座っているために、他の人に関心が向かないのです。

言い換えれば、あなたの中ではまだ元彼との恋愛は現在進行中であり絶賛片思い継続中ということ。形としては終わっていても今も続いている元彼への恋慕・愛情が未練なのです。

酔っ払うと電話する

普段は「もう別れたんだから」と自分の気持ちを押し殺している人に多いのが、お酒の勢いを借りて元彼に電話するという行動です。

なかには意図的に酔っぱらっている風を装って電話をかける場合もありますが、アルコールが回って理性のタガが緩み、いつもは自制していた電話をかけてしまうという場合も少なくありません。

そこには「酔っ払いだから仕方ないだろう」と元彼も思ってくれるのでは? という甘えのほかに「もしかしたら?」のワンチャンを期待する心、つまり未練があることでしょう。

未練があるならもう一度想いを伝えてみては?

受け取り手のいなくなった恋しい気持ち=未練は視野を狭めます。

そして過去ばかりを振り返り、周囲や未来を見る力を削いでしまいます。時間は有限。せっかくの時間を未練に縛られて身動きできずに無為に過ごすのはもったいないですよね。

元彼に強い未練があるなら、そこで足踏みをしていないで、勇気を出してもう一度その想いを元彼に伝えてみましょう。真剣な気持ちはちゃんと相手に伝わります。

そして、そこで復縁できれば万々歳ですが、もし断られたとしてもそこで未練も同時に断ち切られ、前を向く大事なきっかけとなることでしょう。

【PR】
アドバイスで彼の反応がここまで変わる!!

《ヤバい、好きな人がどう思ってるかわかるかもw》

「教えてもらったとおりにしたら、好きな人と話しやすくなった」(19歳 大学生♀)
「ずっと既読無視されてたのに、話し方を変えただけで返事がくるようになった」(26歳 事務♀)
「アドバイスされた通りのことを実践するだけで、ここまで彼の反応が変わるのかと参考になりました!!(笑)」(21歳 フリーター♀)

もう恋愛で失敗したくないあなたへ! 期間限定のチャンスを見逃さないで!

《お試しで診断してみる》

人気のキーワード

KEYWORD

ライフハックの人気記事ランキング

CATEGORY RANKING

今月の人気記事ランキング

RANKING
ページトップへ