彼氏持ち

高校が別々になったカップルでも長続きする付き合い方は?

高校が別々になったカップルでも長続きする付き合い方は?

高校生カップルともなれば、学校内だけじゃなく塾や習い事で出会って、付き合う事も多くなります。

だけど高校違う彼氏、彼女ともなるとどうしても生まれてしまうのが不安、心配事……。恋人だから信用したいけど、友達関係や変な噂から喧嘩になったりして。

相手の状況が分からないから、不安になるのは当然と言えば当然。そう言った距離感や離れている時間をどう過ごせるかが、恋愛のポイントです。

だけど信頼しているつもりでも、まだまだお互いに不安が残るお年頃。ちょっとした喧嘩からすぐ別れる!なんて事にもなりかねないし、そうならない為にお互いにモヤモヤしたまま付き合っていては、楽しくありませんよね?

今回はそんな人達の為のアドバイスとして、高校が違うカップルでも長続きする付き合い方をお教えしたいと思います。

少しの時間でも良いので、出来るだけ二人の時間を持とう

結論から言うと、大事なのは「二人の時間」です。

離れていて会えないからこそ、少しでも会える時間は大事にしていきましょう。

今はLINEもあるし、相手の声の聞こえる電話も積極的にコミュニケーションツールとして使っていきましょう。やはり相手の声が聞こえるかどうかは、顔が見えない相手でも違います。

そして勿論、出来るだけ相手と会えるチャンスは逃さないように。

と言っても、頻繁に時間を作って会うようでは疲れてしまいます。

例えば塾の帰り道、時間にしたら十分もない時間かもしれませんが、それでも二人きりの時間には変わりはありません。

顔を合わせて、相手の話を聞いて、また会えそうな日を探して……そういう事の出来る時間は、デートをする時間よりも大切だったりするのです。

こんな少しでも一緒にいられる時間探しをする、それが学校が違っても長続きするカップルの秘訣ですよ。

気をつけたい連絡の頻度

連絡の頻度ですが、例えば遠距離恋愛で良くある「一日一回はメールをする」こういったルールは実は逆効果。

万が一に出来なかった時に喧嘩の原因になったり、強制されているような義務感が生まれてしまう為です。

「連絡しなきゃ」と思うと辛くなってきますが「連絡したい」は愛情から生まれる衝動です。

だから不安のあまり厳しいルールを設けたり、何よりも自分を優先して欲しいからと試すような行為をしたりするも御法度。

それよりも小さな時間を大事にしていきましょう。

大事なのは、相手の状況を理解して上げる事!

また相手と会える時間が出来ても、学校が違うので行事のサイクルが違ってしまって会えなくなる、という事もあるかと思います。

だけどそういった時に残念であっても、決して彼を責めたりはしないように。こういったすれ違いが続くと不安からか、余計な詮索をしたり、顔を合わせた時には浮気を疑って喧嘩になったりと余計な問題が増えるもの。

そして増えると段々と相手と一緒にいるのが嫌になってしまうものなのです。

まずは相手の状況を思いやる心を身に付けましょう。

それから一緒にいる時は、不安をぶつけるのではなく一緒にいる時間を最大限に楽しむ事!会えない時間が長いだけに、会えた時間の嬉しさは格別。

それなのに折角の時間をつまらなそうにしていては、相手にも失礼。逆に相手に「自分といても楽しくないのか」と思われちゃうかもしれませんよ?

学校が違うのは、どうあっても変わりません。その事を話題にしても悲しくなるだけですから、寧ろその違いを楽しい話題に変えられるように、意識を変化させていきましょうね。

【PR】
アドバイスで彼の反応がここまで変わる!!

《ヤバい、好きな人がどう思ってるかわかるかもw》

「教えてもらったとおりにしたら、好きな人と話しやすくなった」(19歳 大学生♀)
「ずっと既読無視されてたのに、話し方を変えただけで返事がくるようになった」(26歳 事務♀)
「アドバイスされた通りのことを実践するだけで、ここまで彼の反応が変わるのかと参考になりました!!(笑)」(21歳 フリーター♀)

もう恋愛で失敗したくないあなたへ! 期間限定のチャンスを見逃さないで!

《お試しで診断してみる》

人気のキーワード

KEYWORD

彼氏持ちの人気記事ランキング

CATEGORY RANKING

今月の人気記事ランキング

RANKING
ページトップへ