微妙な関係

彼氏をなるべく傷付けずに振る方法とは?

湧き出る罪悪感、彼氏をなるべく傷付けずに振る方法とは?

彼氏と別れたいと感じる時は、どんな時でしょうか?

彼氏が酷い人でとか、浮気されたとか、全然会わなくなって…なんて、分かりやすい状況になれば、恋人を振りたいと考えて当然ですし、理由もあります。

何だかんだ言って恋愛は振られる方が辛いですからね。

いっそ自分から、と思って問題ないから難しいと感じる事もないでしょう。

つまり振り方が簡単なのです。では振りたいけど難しいと感じる理由は?

それは特に彼氏が嫌いになった訳でもなく、自分に理由があって別れたいと感じる場合でしょう。

なるべく傷付けずに、出来たら未練なく振りたい……だけどどう振ればいいのか?
言葉はどうかける?直接よりも電話や手紙で、いやLINEやメールで?

もし理由を聞かれたら素直に言うべき?正直に伝えると彼氏が泣くんじゃ……そんな罪悪感が、あなたの頭を悩ませている事でしょう。

今回は彼氏をなるべく傷付けずに振りたい、そう考えている貴女へのアドバイス。

少しキツくなるかと思いますが、最後までしっかりと聞いて下さいね。

傷付けないように、と、悪者にならないように、をごっちゃにしないで!

まず最大のポイント、別れる、別れたい理由を素直に言うかどうか。

ここで「傷つけたくないから」とか「貴方を嫌いな訳じゃないの」とか、そんな言い訳じみた言葉は言わないように。

出来るだけ素直に伝える、それが大事です。

結論から言うと、どう伝えようとも振られたら傷付くのです。

それを遠回しに遠回しに伝えようとすればするほど、相手は訳も分からず振られた事になり、余計に傷付くでしょう。

理由も分からないままでは後悔が残ってしまいます、残酷だから何だかと言い訳してはいけません。

恋が一つ終わるにはそれ相応の理由がある、その事を伝えなくてはいけないのです。

また大事な事ですが、いい人ぶるのは止めましょう。

言ってみたら貴女は悪人です。綺麗事で片付けないで下さい。

恋愛で多くの振る側が、自分が悪人になりたくないばかりに「相手を傷付けないように」なんて言い訳を考えます。

だけどその言い訳は相手を苦しめるだけです。
相手を苦しめたくないなら、その事を受け入れましょう。

もし相手が貴女を責めたとしても、それを受け止めましょう。
その怒りの向き先がある事は、相手が立ち直る時間を短縮出来ているという事。

相手が貴女と別れた後、新しい幸せへと向かえる事の出来るようになっているという事です。

誤魔化してはいけません、相手も、自分も。
どうかこの事だけは忘れないように、覚えておいて下さい。

かつて好きな人だった人へ

振るという事は、別れるという事。

一つの関係が終わるのですから、悲しさも辛さもあって当然なのです。
今までの関係が崩れるという事は、とても辛い事。

ですがそれを受け止めるのが、貴女の最後の仕事です。
一度は好きで付き合った相手、かつて貴女が愛した人。

だからこそ誠実に、相手ではなく自分を悪者にして。
全てを受け止める事が、貴女の最後の愛情です。

悲しい未練を残して、彼の人生をこれ以上無駄にしないように。

彼の人生を、時間を有意義に過ごさせて上げる為にも。

別れると決めたのなら出来るだけ素早く、そして真摯に行動して下さい。
言い訳はしないように、だけど理由は出来るだけはっきりと。

その時に喧嘩になるかもしれません、酷い言葉の応酬になるかもしれません。
寧ろそうしてくれた方が楽なほど、彼氏は傷付くかもしれません。

ですが彼氏を傷付けたくないから、そんな言葉で別れを誤魔化さないように。

罪悪感は、貴女への罰。

それは貴女が受け止めなければならない傷です。

その事を忘れずに、最後のさよならをしましょう。

The following two tabs change content below.
365がぁる編集部

365がぁる編集部

「365がぁる」編集部です。女性の恋愛の悩みからオススメの占いまで幅広くご紹介しています。

【PR】
アドバイスで彼の反応がここまで変わる!!

《ヤバい、好きな人がどう思ってるかわかるかもw》

「教えてもらったとおりにしたら、好きな人と話しやすくなった」(19歳 大学生♀)
「ずっと既読無視されてたのに、話し方を変えただけで返事がくるようになった」(26歳 事務♀)
「アドバイスされた通りのことを実践するだけで、ここまで彼の反応が変わるのかと参考になりました!!(笑)」(21歳 フリーター♀)

もう恋愛で失敗したくないあなたへ! 期間限定のチャンスを見逃さないで!

《お試しで診断してみる》

人気のキーワード

KEYWORD
今日のゆるにゃんタロット占い

微妙な関係の人気記事ランキング

CATEGORY RANKING

今月の人気記事ランキング

RANKING
ページトップへ