婚活・結婚

愛だけじゃダメ?結婚相手との間に格差があったとき注意すること

結婚に対する考え方が自由になってきた現代

 ほとんどの人が、自分が好きになった人や、価値観が同じ人、などの条件で結婚を決めています。しかし、お見合い結婚が多かった昔は、それぞれ釣り合いのとれた家同士の結婚が多かったので不釣り合いな格差のある結婚は少なく、結婚は家同士のものという意識が強かったのです。

結婚相手との間に格差があった場合どうすればいい?

 そんな自由に結婚できる時代になりましたが、いまだに家柄や学歴、収入などの格差によって、結婚相手との結婚が、周りから反対されてしまうという悲しい事があります。結婚相手と結婚するにあたってよく起こる格差問題。格差があった場合に注意するポイントを紹介します。

愛だけじゃダメ?結婚相手との間に格差があったとき注意すること

結婚相手の親族が障害に

 結婚を「家同士の結びつき」と考えている人が、特に年配の方ではまだ数多くいるようです。子どもの頃から教育熱心な家庭では、エリートとして教育されてきた人も多く、現代でも結婚に対して、釣り合いを気にする親族がいるケースも少なくありません。そんな結婚相手だった場合、どんなことが障壁となるのでしょうか?

家柄の差が壁に

 結婚相手の実家が地元で昔から名家や名士であるというのは、よくある話です。相手の実家がそんな家柄だった場合、格差を気にし、結婚を反対することがあります。

学歴の差が障害に

 高学歴な結婚相手だった場合、結婚相手の実家が教育熱心で、相手の学歴に口出してくる、など、こだわる可能性もあります。

収入・職歴に格差があった場合

 結婚相手が大手企業勤務、士業など、高収入な仕事に就いている場合、相手の家族があなたの職業や、収入をチェックして、釣り合うかどうか口出しすることもあります。

そんな時どうしたらいい?

 家柄の格差、学歴の格差、収入の格差、職歴の格差。もし、結婚を決めた2人の間にこれらの格差があり、周りから結婚を反対されたとしても、重要なのは、2人の協力体制です。2人で結婚という選択を決めたならば、2人で話し合い、協力しあいながら格差という困難へ、2人の意思を貫く覚悟があれば、立ち向かうことはできます。ですが、結婚後は親族との付き合う機会も増えます。そこで、自分の味方になってくれる結婚相手の気遣いや、思いやりは重要です。格差を乗り越えて幸せな結婚生活ができるはずです。

2人の間で気を付けること

1.価値観が違うところが出てくる

 育った環境が同じような境遇のカップルなら話が合いやすく、価値観が同じ傾向があり、話が通じやすいですが、育った環境が違うと生活習慣が違ったり、お金の遣い方1つも違ってきます。お互いが納得いくように、話し合い、確認しておきましょう。

2.どちらかが卑屈になる

 格差がある場合、一方が卑屈になることも。卑屈になることで、お互いの信頼関係が崩れやすくなります。元々、格差があることをわかったうえで結婚を決めたなら、自分を必要以上に卑下せず、ありのままの自分に自信を持ちましょう。
 
 

3.結婚相手が仕事熱心な場合、理解を示す

 夫婦どちらも仕事熱心だったとしてもお互いに支え合うことです。仕事が忙しいことに理解を示し、手の空いた方が家事をするなど。夫婦間で格差があっても平等にお互いに協力し合いましょう。
 

格差がある中、反対を乗り越えて結婚するためには?

 家柄、学歴、すべてが釣り合っていなくても、2人がしっかりと話し合い、理解し合い、仲良く、2人で歩んでいくケースはたくさんあります。結婚した、その先は2人次第というのが本当のところといえるでしょう。家柄や、学歴、収入の格差だけではなく、育った環境が違うと価値観にも差ができてしまい、うまくいかない事態になることもありますが、そうなってしまわないように、2人が共に努力することが大切なのです。具体的にはそれぞれの実家に相手の家の考え方を事前に伝え、理解を求めたり、実家の考え方に全て従うのではなく、2人でさまざまなイベント事などに取り組んだりすることに対して理解してもらうなど、そういった努力をすることが必要となってきます。また、結婚相手や相手の実家のことを悪くいうようなことは絶対にしないでください。あくまでも平等に「それぞれの家庭の考え方」と上手に納得させることが必要です。逆に、実家の考え方でどうしても譲れない部分がある場所は相手に理解と、協力を求めることも必要になります。

愛だけじゃダメ?結婚相手との間に格差があったとき注意すること

 もし、格差の違いで反対されたとしても最終的に2人が幸せになるかどうかは2人次第。長い結婚生活をともに過ごしていくと、どうしてもそういった局面に出くわすことも多々あります。自分と違う部分を否定するのではなく、理解し、その上でどうしていきたいかを2人で前向きに話し合うことが必要になってきます。2人で良いときも、大変なときも、相手の立場を常に思いやりの気持ちを持って接することができれば、格差なんて関係なくともに人生を歩んでいくことができるのではないでしょうか。

【PR】
アドバイスで彼の反応がここまで変わる!!

《ヤバい、好きな人がどう思ってるかわかるかもw》

「教えてもらったとおりにしたら、好きな人と話しやすくなった」(19歳 大学生♀)
「ずっと既読無視されてたのに、話し方を変えただけで返事がくるようになった」(26歳 事務♀)
「アドバイスされた通りのことを実践するだけで、ここまで彼の反応が変わるのかと参考になりました!!(笑)」(21歳 フリーター♀)

もう恋愛で失敗したくないあなたへ! 期間限定のチャンスを見逃さないで!

《お試しで診断してみる》

人気のキーワード

KEYWORD

婚活・結婚の人気記事ランキング

CATEGORY RANKING

今月の人気記事ランキング

RANKING
ページトップへ