微妙な関係

好きだけど別れたい彼氏の心理と、対処法まとめ

好きだけど別れたい彼氏の心理と、対処法まとめ

「好きだけど別れたい」その理由は?

恋愛をしている間は、いろいろな状況や心境になることがあります。恋人と一緒にいられるなら他に何もいらないと思う時もあれば、相手のことは好きだけど別れたい気持ちに陥る場合も。相手のことが好きでなければ恋愛は成立しませんが、好きなだけで何もかもがうまくいくわけでもありません。好きだけど別れたいと彼氏に思われてしまう場合に多い理由と、そうなった時に女性がとるべき対処法についてお話していきます。もちろん、「好きだけど別れたい」と彼氏に思わせないことがベストですが人の気持ちはコントロールできないので、まずは好きだけど別れたい状態がどんな心理なのか? という部分を知っていきましょう。

遠距離で辛いから

遠距離恋愛が続いて寂しい時は、好きだけど別れたいと思われやすいタイミングです。特に、もともと身近にいてしょっちゅう会っていたカップルが途中から遠距離になった場合、早い段階でこのピンチが訪れます。遠距離でも何とかこまめに連絡を取りあって絆を保つカップルも大勢いますが、それができず遠距離の寂しさで心が折れてしまうのは、実は男性の方に多いようです。中でも彼氏の生活環境は変わらず女性だけが遠くへ移った場合だと、男性の方が寂しさに負け、好きだけど別れたいと思ってしまうケースが少なくありません。この場合、本当は彼氏の方が新しい環境で頑張っている女性を支えて元気づけてあげる側なのに、自分の寂しさのことしか考えていない状態といえます。

なかなか会えないから

こちらも上の理由と同じく、彼氏の生活はいつも通りなのに彼女だけが忙しくてあまり会えなくなったり、彼女の都合でデートが延期になってばかりの時に彼氏が、「好きだけど別れたい」と考えやすい理由です。男性は自分が忙しくてなかなか恋人と会えない時は、忙しいんだから会えなくても仕方ないと考えます。女性が、「私と仕事どっちが大事なの?」と怒っても、本気では取りあわない男性も多いもの。それなのに、女性側が多忙で会えなくなるとすぐにしびれをきらして、好きだけど別れたいと考えてしまう身勝手な男性もいるわけです。

マンネリ化して進展がないから

カップルのどちらかに問題があるというより、カップルのあり方自体が理由になるケースも存在します。いわゆる交際のマンネリ化も、好きだけど別れたいと思われてしまう要因になります。付き合いがマンネリ化するということはそれだけ長く交際し、お互いが一緒にいて当たり前の相手になっている状態。それは深い安心感も生みますが、人によっては倦怠期でもう何の新鮮さも進展もない、好きだけどもう別れたいと考えてしまう引き金になる場合があるのです。彼氏が新しいもの好きで常に変化と鮮度を求めるタイプの場合、マンネリ化を交際の停滞とみなし、好きだけど別れたいという気持ちを主張されやすい傾向があります。

価値観の違いに気づいたから

彼氏に、「好きだけど別れたい」と思われてしまう中でも特に決定的な理由としては、カップル間での価値観の違いに気がついたケース。これはある意味で、早いうちに気づいた方がお互いにとって幸せという風にも考えられます。価値観が大幅に違えば、カップルとして夫婦として長く付き合っていくのはまず不可能なので、この場合は彼氏に好きだけど別れたいと思われてしまってもどうしようもないのです。価値観の違いだけはいくら相手のことが好きでも愛情で補うのが非常に難しく、交際を続けるにはお互いに我慢をして何とかやっていくしかありません。でもその状態は無理が大きいので、どこかで限界がきてしまう場合が多いはずです。

苦労ばかりかけているから

彼氏側の事情や問題で彼女にかけている苦労が多い場合も、「好きだけど別れたい」と彼氏が考えることがあります。夢を追っている彼氏が、身のまわりの世話や収入を彼女に頼っている状態が長く続くとその負い目から、「苦労ばかりかけてるし別れた方がいいんじゃないか」と思うようになるものです。この場合は彼女の方が先にその現状に疲れ、好きだけど別れたいと考えることもありますが、彼氏のことが好きで尽くしている女性は簡単には別れません。よく芸能人が下積み時代に恋人や奥さんに支えられていたエピソードを話すシーンがありますが、別れの危機もあったと語られることも多いもの。「好きだけど別れたい」を乗り越えて成功したケースといえるでしょう。

転勤・引っ越しなど

これは遠距離恋愛になることと同様、どちらかの環境が大きく変わる時に浮上しやすい問題です。彼氏の方が転勤で引っ越すことになった場合に、男性が遠距離恋愛に自信がなく、まだ彼女にプロポーズしてついてきてもらうほどの関係でもない時などに、好きだけど別れたいと考えやすいと言えます。遠距離恋愛は寂しい上、たまに相手と会うとなると時間もお金もかかります。それを想像すると、彼女のことはまだ好きだけど、いったん別れて転勤先でまた新しい出会いに期待したい……と考える男性も存在するのです。これは若い男性に多いですが、この場合彼女の方は別れに納得できないことがほとんどなので、別れをめぐってトラブルに発展するケースも少なくないです。

束縛に疲れたから

彼女の方に問題があり、「好きだけど別れたい」と彼氏が悩むことになる場合もあります。束縛が激しい彼女、嫉妬深い彼女を持つ男性がその女性からの束縛や行動の監視に疲れ果て、彼女のことはまだ好きだけど別れたい状態に陥るのはよくあることです。女性にとって、この束縛や嫉妬は彼氏を好きだからこその行動ですが、束縛される方はたまったものではありません。この先もずっと束縛されるのかと思えば将来のことを考えにくいですし、気の休まる暇もなく男性が別れたいと思ってしまっても無理もないと言えます。これはどのカップルにも起こり得る問題です。女性はやきもちや束縛が行き過ぎたものにならないよう、自分を客観視する習慣をつけると安心ですね。

結婚の話にならないから

ある程度長く付き合っていて結婚の話が進みにくい場合も男性が、「好きだけど別れたい」と考え始めるきっかけになることがあります。これはもちろん女性の方がそう考える場合もあるのですが、いずれも交際相手より年上である側が、結婚の話が進まない時に別れを検討することが増えてきます。年齢が上がるほど結婚に対する意識が強くなり、「この恋が最後のチャンス」と思うことが多く、その交際が結婚に繋がらなさそうだと感じれば好きだけど別れたい状態になりやすいのです。男性の場合、特に長男だと結婚への焦りや親の期待が大きいケースが多く、彼女が結婚に乗り気でないと交際を続けていくことを迷うようになります。

他に気になる人がいるから

当然ながら他に気になる異性がいる場合も、今の恋人のことは好きだけど別れたい……と悩ましい状態になりがちです。この場合男性は悩みながらも、恋人と気になる人の同時進行状態を続けることも多いです。いくら気になる人がいても簡単に今の恋人と別れてしまうには抵抗も未練もあるので、とりあえず現状を維持しつつ様子を見よう……というずるいスタンスを選ぶわけです。しかし、気になる人との仲が徐々に進展してきた場合は、本格的に今の恋人との別れを考える比率が増えていきます。女性としてこの場合は、まず早い段階で彼氏の心変わりを見抜いておきたいところです。

「好きだけど別れたい」の対処法は?

「好きだけど別れたい」の対処法は?

「好きだけど別れたい」という状態にはいろいろな理由や状況が存在しています。このうち価値観の違いによるものは、別れた方がお互いにとっていいことがほとんどのため、修復を目指すより新たな恋へ向かった方がベター。でも、それ以外のケースには対処できる余地と方法が充分あると言えます。そして、どんな場合も基本は相手との腹を割ったコミュニケーションが必須。女性は彼氏の行動や様子からも本音を推察しましょう。多方面から彼氏の本心を探ることで、「好きだけど別れたい」と思っている彼氏の気持ちを動かす糸口を見つけやすくなります。その上で、次にご紹介する方法も選択肢に入れてみて下さい。

理由をしっかり聞いて改める

彼氏と日常的にコミュニケーションがとれていて時間も確保できる時は、直接しっかり話し合うことが一番の方法です。好きだけど別れたいと思っている彼氏の理由や根拠を聞きだして、お互いに納得がいくように対話します。彼氏の転勤や遠距離恋愛になることが理由なら、二人にとって一番いい選択は何なのかを相談し合うことが大事ですし、結婚の話が進まないのが原因ならお互いの結婚観や理想を話し合わなくてはなりません。女性側の束縛を指摘されたら改善をする必要がありますし、彼氏に気になる人ができていた場合も、まずは冷静に現実を受けとめること。そこから、お互いにとってベストな結論を決めていきましょう。

出会いの場に行ってみる

思っていた以上に彼氏との心の距離が離れてしまっていた場合や、率直な話し合いができなかった時は、一度その問題を横へ置いて出会いの場に参加してみるのもいいかもしれません。これは大きな気分転換になり、男性は彼氏だけじゃないと思えるきっかけにもなるでしょう。反対に、他の男性を見たら今の彼氏への愛情がさらに募ってくることもあります。やっぱり今の彼氏が好きだと思ったらその気持ちを正直に伝え、一からやり直すつもりで二人の関係を好転させられるケースもあります。もし彼氏に好きだけど別れたいという思いを持たれていても、悲観せずできる限りのことを続け、諦めない自分でいればチャンスはやってくるはずです。

一度別れて距離を置いてみる

手は尽くしたけれどどうしようもない時や、彼氏に好きだけど別れたいと思われた原因がマンネリだった時などは、いったん別れる形をとって距離を置くことが効果的な場合もあります。カップルはどうしても長く付き合っていればうまくいかない時期があるものです。そんな時、相手に固執してしがみついても事態はよくなりません。しかし、距離を置くと改めてお互いに相手の大切さを痛感し、「好きだけど別れたい」と思ったことも忘れてしまうような絆で結ばれることだってあるのです。もちろん、距離を置いても修復できない場合もありますが、試す価値のある選択肢として覚えておいて損はない方法のひとつです。

後悔のない選択を

いずれにしても、彼氏に好きだけど別れたいという気持ちを持たれた時、一番よくないのは女性側がカッとなって、「じゃあ別れる!」と勢いで別れてしまうこと。これは後から後悔します。重要なのは彼氏が好きだけど別れたいと思っている時点では、「今すぐ別れたいわけではない」という点。感情は、「まだ好き」なのです。その上で、「でも、別れた方がいいのか」と悩んでいる状態ですから、女性の対応次第でまだどうとでもできる段階なのです。女性はこの時、冷静でいることが大事です。少し強かなくらいでちょうどいいので、彼氏の気持ちに主導権を渡さず落ち着いて後悔しないように行動していきましょう。

【PR】
アドバイスで彼の反応がここまで変わる!!

《ヤバい、好きな人がどう思ってるかわかるかもw》

「教えてもらったとおりにしたら、好きな人と話しやすくなった」(19歳 大学生♀)
「ずっと既読無視されてたのに、話し方を変えただけで返事がくるようになった」(26歳 事務♀)
「アドバイスされた通りのことを実践するだけで、ここまで彼の反応が変わるのかと参考になりました!!(笑)」(21歳 フリーター♀)

もう恋愛で失敗したくないあなたへ! 期間限定のチャンスを見逃さないで!

《お試しで診断してみる》

人気のキーワード

KEYWORD

微妙な関係の人気記事ランキング

CATEGORY RANKING

今月の人気記事ランキング

RANKING
ページトップへ