ライフハック

いい歳なのに彼氏ができない女性の特徴は? 焦る前に考えよう!

いい歳なのに彼氏ができない女性の特徴は? 焦る前に考えよう!

彼氏ができないことに焦り……

彼氏が欲しくないわけではないのに、彼氏が全然できない。できそうな気配もない。そういう状況が続くと、どんどん焦って空回りしてしまう女性は多いものです。どんな状況でも時間は止まってくれないので、彼氏ができない間にも時は過ぎ、年齢だって重なっていきます。周囲の女性が結婚していくたびに焦りが強くなったり、あるいは彼氏を作ることを諦めてしまったり……。そんな、いい歳なのに長い間彼氏ができない状況にいる時、女性はどうしたらいいのでしょう。やみくもに焦る前に、彼氏ができない原因や自分で改善できるポイントがあるかどうかを考えていきましょう。

無駄に理想が高い

彼氏ができない女性にもっともありがちなのがこれ。恋愛に対する理想が高いのはダメなことではないですが、やたらと高すぎる理想は恋愛の成功を邪魔するものでしかありません。人間というのは誰でも必ず欠点や短所があり、高すぎる理想を全て叶えてくれる完璧な男性などいないからです。まして、パートナーシップの本来の意義は、そうした欠点や短所をカップルで助け合って補い合えることにあるもの。理想が高すぎて現実離れしてしまっている女性は、一度冷静になって改めて恋愛の理想についてイメージし直すところから始めていきましょう。

ネガティブ

ネガティブな女性というのは、とにかく男性からは好かれにくいものです。これはもともとの性格が控えめだったり、地味で目立たないタイプの女性のことをさすのではなく、何でも悪い方に受けとる女性、すぐ悲観的になる女性、被害者意識の強い女性のことを言います。ネガティブな女性は一言でいうと男性から見て、「面倒くさい」女性です。細かいことを気に病むのでいちいち、「そんなことないよ」、「気にしなくていいよ」とフォローしてあげないといけなかったり、すぐ嫌われたと思い込んでうじうじするなどの挙動が多い女性は、同性から見ても面倒ですよね。こういった、ネガティブさを利用して人を思いどおりにしようとする女性は嫌われます。

高嶺の花と思われている

これは、この状態にある女性本人は気づきにくい問題です。「自分は全然モテない」と感じている女性のうち、実は男性からモテているのだれけども、本人だけが分かっていないというケースがままあります。それは、その女性が突出して有能だったり、あるいはいわゆる、「美人すぎる女性」だったりすると、周りの男性からすると逆に近づきがたいためです。よく、ちょいブスやぽっちゃり女性がモテるなどと言いますが、それは男性から見て近づきやすい女性だから。男性は理想では、美人やスタイルのいい女性を好みますが、あまりにも高嶺の花だと感じると、アタックすることを諦めてしまうもので、結果的に美人なのに彼氏ができないというジレンマを抱える女性も存在します。

受け身、消極的すぎる

受け身すぎたり、消極的な女性も、やはり彼氏ができるのは難しいでしょう。控えめさというのは長所でもあり、一歩引いて他人を尊重できる素晴らしさでもあるのですが、彼氏を作りたいなら何かで少しはアピールしないと出会いに繋がってきません。男性の方も、むやみに女性にアタックして振られるのは嫌だと思っていますので、少しでも脈ありな女性へアプローチするのは当然なのに、受け身すぎる女性からの脈ありサインは男性には分かりにくいもの。男性からすると、「俺のこときっと好きじゃないんだろうな」というふうに感じられ、避けられてしまう結果を招きやすくなるのです。それでも積極的にアプローチできない女性は、LINEやメール、手紙などで男性へ気持ちを伝えていくと効果的です。

ガツガツして隙がない

消極的すぎる女性もよくありませんが、逆にあまりにもガツガツしている女性も考えものです。すぐにでも彼氏が欲しい、絶対に彼氏を作りたい! という思いが強すぎて、隙がなさすぎると男性から見れば怖い女性だと受け取られ、避けられてしまうため逆に彼氏ができないのです。ただ、ガツガツした性格でも、そこに少し可愛げ、隙、とっつきやすさがあれば、その積極性が生きてくることもあります。自分からアピールするのが苦手な男性は、こうした積極的でわかりやすい女性とは相性もよく、アプローチもしやすく感じます。ガツガツしがちな女性は、意識して可愛らしさや緩やかさを演出し、恋愛を引き寄せる武器としていい方に使っていきましょう。

清潔感がない

清潔感は、男女ともに社会人の基本とされる部分ですが、忙しい日々が続くとつい疎かになったり、社会人生活が長くなると緩みがでやすい点でもありますね。そうはいってもオフィスでの勤務が中心であれば、メイクや服装も含めて清潔感は保たざるを得ないもの。でも、汚れやすい職場で働いていると、「どうせ汚れるから適当でいいか」という気持ちにもなりやすいため注意が必要です。その気持ちをプライベートにも持ち越してしまうと、彼氏ができない確率が大幅に上がってしまうのが現実です。これは、女性も清潔感のない男性を嫌がりますが、それ以上に男性は清潔感のない女性を苦手とするからです。男性は自分が少し不潔でいるのは平気でも、女性には常に小ぎれいにしていてほしいと思うものなのです。

芸能人や二次元が好き

口では、「彼氏欲しい」と言っていても、実際は好きな芸能人や二次元キャラクターに夢中、という女性も少なくありません。この場合も、やはりなかなか彼氏はできにくいと言わざるを得ません。芸能人や二次元キャラというのは共通して、「現実には手が届かない存在」です。芸能人は実在の人物ではありますが、まずほとんどの場合自分のものになる相手ではなく、二次元キャラはなおさらですね。だからこそ、ずっと憧れや熱狂的な思いを寄せることができます。彼氏が欲しいからといって、芸能人や二次元キャラへの思いを捨てることはないのですが、ファンとしての思いと実際の恋愛を、どこかで線引きすることは必要になります。

いつも同じ女友達といる

女性としていい歳と呼べる年齢になると、結婚して子どもがいる女性も多くなり、そういう人と独身で彼氏もいない女性とはなかなか遊ぶタイミングが合わなくなってしまうもので、どうしても独身の女友達だけで固まりやすくなります。彼氏がいない女友達同士なら予定も立てやすく、家を行き来したり週末ごとに旅行へ行ったり、お互いにそれが居心地よくて、彼氏を作るための時間をとらなくなり、彼氏ができない連鎖を生んでいきます。友情も大切ですし、お互いがそれでよければいいのですが、「やっぱり彼氏欲しい!」という場合はまず、出会いに繋がる時間を確保するところからスタートしていきましょう。特に、女性は20代後半くらいからこうなる人が増えてきますので注意です。

素直じゃない

素直じゃない女性は、恋愛においてかなり不利。素直じゃない女性はネガティブな女性同様に男性からすると、「面倒くさい」女性になってしまうから。素直じゃないところやツンデレが可愛いのは10代までです。それ以降は、実は年齢が上がれば上がるほど、素直さが魅力にも強みにもなります。素直さは愛され女性の第一条件とさえ言えるくらいです。素直であれば誰からも好かれ、応援され、慕われる女性になれます。当然、男性だってそういう女性に惹かれるものです。少しずつでも素直に気持ちや考えを表すように心がけるだけで、必ず周囲の反応に変化がでてくるはずです。

周囲に適齢の異性がいない

周囲に適齢の異性がいない

これは、彼氏ができない理由の中でもよくあるもののひとつですが、女性ばかりの職場に務めている、周りの男性がみんな年上の既婚者など、状況はさまざまでも、「恋愛対象の異性がいない」という状態はよく起こります。これを言い訳にして、彼氏ができないことを正当化してしまう女性が多いのですが、結局のところ、自分から行動していかないと彼氏ができないのはどんな状況でも同じです。周囲にいい異性がいないなら、積極的に他の場所や他の手段で出会いを見つけにいかねばなりません。身近に男性がいないのは、むしろもっといい男性と他で知り合えるチャンスだと考えて行動していきましょう。

「時間がない」が口癖

今、忙しい女性は増えています。仕事が大好きでやりがいがある、趣味に打ちこんでいて多くの時間を趣味に使いたい、家庭や地域の事情や友達付き合いなど、ただでさえ時間はいくらあっても足りないもの。休日に美容室へ行ってカラーやパーマをするだけでも簡単に1日が潰れますし、仕事の後にSNSを見ていると数時間はあっという間だったりしますよね。そんな毎日で、「時間がない」が口癖になっている女性は非常に多いです。時間がないから彼氏ができないのも仕方ない、彼氏を作っている暇がない、と思ってしまっても無理もない状態ですが、しかしそのままでは彼氏ができることはないので、彼氏が欲しいならこの口癖は封印する必要があるということを覚えておきましょう。

おしゃれに興味がない or 個性的

これもなかなか彼氏ができないと感じている女性によくある課題。おしゃれに興味がない女性は、男兄弟に囲まれて育った人や学生時代に体育会系だった人に多いです。ファッションや持ちものは動きやすさと実用性で選ぶ、スカートやハイヒールは身につけたことがない、髪型も学生の頃からショートのみ。……という女性の場合、彼氏を作る際にどうしても他の女性に先を越されることが多くなる場合があります。また、おしゃれは大好きでもあまりに個性的だったり、奇抜な服装の女性も、男性に苦手意識を持たれやすくなります。古着やパンク系、またゴスロリなどの服装は、彼氏を作る上ではそれが好きという気持ちを貫いてそのままの自分を見てもらうか、あるいは少し妥協して無難な装いにするか、考え方の分かれるところになります。

女子会が大好き

こちらも、女友達とばかり過ごすのと同じく、20代後半からの女性に多いテーマです。おしゃべりが好きで気の合う女友達と話していると嫌なことも忘れられる、女子会が最高のストレス解消という女性は多く、彼氏作りのために出会いを探したり自分磨きをするより楽しくて、ついつい女子会のセッティングに熱中してしまう。また、彼氏ができない女友達だけの女子会だと、「彼氏できないんだよねー」という話題で盛り上がり、慰め合う流れになりやすいので、本気で彼氏を作ろうという気持ちがますます遠のいてしまうわけです。女子会を楽しむのもいいのですが、本当に彼氏が欲しいなら自分の将来や幸せを視野に入れ、計画的に出会い探しに乗りださなくてはいけません。

彼氏ができないのには理由がある

彼氏ができないことには必ず理由があり、そして多くの場合、女性はその理由を複数持っている場合が多いです。理想が高い上に受け身とか、個性的な服装が好きな上に素直じゃないとか、これらの理由をたくさん持っていればいるほど彼氏はできにくくなってしまいます。ただ、だからといって自分の性格や好みを何もかも変えろというわけではなく、自分がどうしたいのか、彼氏を作りたいならどんな男性とどんな風に付き合いたいか、そのためにはまず何をすべきなのかをよく考えなくてはいけません。20代からの時間はあっという間に過ぎます。その中で自分はどう生きていきたいかをじっくり考え、そして、行動を起こすのは早いほどいいのです。自分と向き合い、自分に合った彼氏を作るために、ひとつずつ行動を始めていきましょう。

【PR】
アドバイスで彼の反応がここまで変わる!!

《ヤバい、好きな人がどう思ってるかわかるかもw》

「教えてもらったとおりにしたら、好きな人と話しやすくなった」(19歳 大学生♀)
「ずっと既読無視されてたのに、話し方を変えただけで返事がくるようになった」(26歳 事務♀)
「アドバイスされた通りのことを実践するだけで、ここまで彼の反応が変わるのかと参考になりました!!(笑)」(21歳 フリーター♀)

もう恋愛で失敗したくないあなたへ! 期間限定のチャンスを見逃さないで!

《お試しで診断してみる》

人気のキーワード

KEYWORD

ライフハックの人気記事ランキング

CATEGORY RANKING

今月の人気記事ランキング

RANKING
ページトップへ