喧嘩中・問題アリ

彼氏からのキスが苦手!徐々に慣れていく方法

どうしても慣れない……彼氏からのキスが苦手!徐々に慣れていく方法

彼氏からのキスが苦手!徐々に慣れていく方法

男性でも女性でも、キスが苦手な人は存在します。
と言うか「自分はキスが得意!」なんて豪語している人の方が、何か嫌ですよね。
だからまず彼氏から、彼女からのキスが苦手と感じていても大丈夫と言う事を前置きしておきましょう。

だけどやっぱり恋人同士、何とかしてキスに慣れていきたい。
そんないじらしい彼女さんに今回はアドバイス。
彼氏からのキスが苦手、だけどその苦手意識を克服したい。
そう思う貴女の悩みを、少しずつ解消していきましょう。
今この瞬間、すぐにキスに慣れる必要はありません。
焦らずに一歩一歩、何が貴女に出来るのか考えてはいきませんか?

まずはキスが苦手な理由を考えてみよう

さて、ここで大事なのはキスが苦手と言うならなぜ苦手なのか、を考える事。
理由が分からなければ何れ程キスを重ねても苦手になっていくだけですからね。
まずは考えられるキスが苦手な理由を挙げていきましょう。

ディープキスが苦手

ソフトキスならいいけど、ディープキスが苦手という人は結構います。
下が触れ合う感覚が慣れていない人にはどうしても気持ち悪いと感じる場合。
こちら、女性に多くどうしても感覚が敏感な女性はディープキスが嫌、と感じるようですね。
ここで大事なのはまず気分を高める雰囲気作り、リラックスしていないと余計に気持ち悪さが高まってディープキスに拒否感が高まります。
また男性の方が強引で、女性がキスに苦手意識を持つ場合も……ここは男性に任せたりせず、上目遣いでもっと優しくして欲しいと伝えてみてはどうでしょうか?
苦手意識を改革するには相手にも改革が必要ですから、伝えて二人で改善していきましょう。

兎に角恥ずかしい!

前述したように、リラックス出来ていない傾向がありますね。
キスには雰囲気作りが大事。
リラックスしていない緊張状態でキスをしていても、精神的に休まりません。
キスの時間は全て緊張感が張り詰めた状態ですから、そりゃあキスが苦手にもなります。
男性に雰囲気作りを任せず、ロマンチックで二人きりの世界に慣れるように貴女からもムード作りをしてみましょう。
強引なキスは敢えて避け、ムードを作れた時だけキスに応じてみる……こうやっている内に、彼氏の方もキスのムードについて自然と学んでいきますよ。

衛生問題、衛生上キスが気になる

衛生問題、生理的な問題は根が深いですね。
口臭がある彼氏には前置きとして「貴方は好きだけど」を伝えてから、二人でデンタルケアをするのはどうでしょうか。
これは気になりだしたら我慢がききません。
悪化して行く前に、早めに切り出すのが正攻法です。
キス自体の衛生状態が気になるという人はそれこそ、二人でケアしましょう。
キス以外でもコミュニケーションが取れなくなり、発展しかねません。
二人で満足するまで話し合い、信頼関係を築く事が大事だと思います。

トラウマがある

精神的にキスに対する嫌悪感がある場合、確実に二人で話し合った方が良いです。
それは放っておくと悪化し、キスに対する嫌悪感が強くなります。
まずは話し合ってお互いの信頼と絆を高め、ゆっくりとその傷を癒していきましょう。
心理的な傷は心の傷です、見えない傷を治すのには時間がかかります。
だからこそ相手にも理解を求める事が重要になってくるんですね。

キスは愛情表現だからと、無理に自分を押さえ付けようとしないで

彼氏からのキスが苦手!徐々に慣れていく方法

ただここで言いたいのは、キスは全て受け入れないという事ではありません。
繰り返しますがキスが苦手でも、大丈夫です。
寧ろ全ての人がキスが好きだなんて思わない様に。
愛している人でもキスをしたくない、そういう感情はおかしくありません。
大事なのは相手ではなく「キス」が嫌だという事。
だからこそ二人でどうしていくのか、それを話し合いましょう。
貴女の事を思っている相手なら、必ず分かってくれますよ。

【PR】
アドバイスで彼の反応がここまで変わる!!

《ヤバい、好きな人がどう思ってるかわかるかもw》

「教えてもらったとおりにしたら、好きな人と話しやすくなった」(19歳 大学生♀)
「ずっと既読無視されてたのに、話し方を変えただけで返事がくるようになった」(26歳 事務♀)
「アドバイスされた通りのことを実践するだけで、ここまで彼の反応が変わるのかと参考になりました!!(笑)」(21歳 フリーター♀)

もう恋愛で失敗したくないあなたへ! 期間限定のチャンスを見逃さないで!

《お試しで診断してみる》

人気のキーワード

KEYWORD

喧嘩中・問題アリの人気記事ランキング

CATEGORY RANKING

今月の人気記事ランキング

RANKING
ページトップへ