喧嘩中・問題アリ

彼氏の寝起きの態度が悪い!? もしかすると低血圧が原因? 体質改善で治る可能性も

え、私の彼氏の血圧低すぎ……?低血圧の彼氏の体質体調改善方法とは

彼氏の低血圧体質を根本的に改善する方法

一般的に寝起きがとても悪いという印象が強い低血圧。

立ちくらみや貧血気味だけでなく、朝が弱くて寝起きはいつもイライラ!
朝が弱い彼氏との同棲生活は一苦労!低血圧低血圧って言いわけじゃないの!?

おっとストップ。それは貴女も低血圧を知らなさ過ぎ。
実は低血圧は貧血だけでなく、もっと重大な病気につながる可能性もあるのです。
だからこそここは彼女である貴女が彼氏の体を体調管理、彼氏を低血圧に負けない体になるように低血圧について、原因、対処法と学んで行きましょう!

ところで低血圧って、具体的に何?

さてまずは低血圧についての基本的な事から。
低血圧とは、一般的に最高血圧が100mmHg未満である事をいいます。
血液はポンプのように押されながら全身を駆け巡るのですが、血液を送り出すポンプの力が良くなっているのが低血圧。
混同されがちですが、血の量、厳密には血の中のヘモグロビンの量が減少している貧血とは症状こそ似ていますが別物なのです。

また低血圧の人は血の巡りが悪く、低体温と言われていますが、これも明確に確定されている訳ではありません。
また低すぎる体温も血圧も体が正常であるとは言えません。
体温高いから別に低血圧じゃない、なんて判断せず、あまりに体調不良であったら彼氏に病院へ行く事も勧めて下さいね。

彼氏の低血圧、悪化すると大変な事に……?

低体温と低血圧の話をしましたが、実は低体温になると癌になるリスクが高まっているという研究結果があります。
血液の巡りが悪い、体がいつも冷えている、こんな状態では体の免疫細胞が上手く機能しません。
そのため癌細胞だけでなく、ウイルスも活発的に活動しやすい状態になり、風邪や病気もしやすくなるのです。
ですが高血圧に対して、国際医療的に明確な基準のない低血圧は積極的に改善しようとする人は少ないのです。
だからこそ意識的に体調を管理し、低血圧を改善する事が重要になってきます。

その低血圧の原因ですが、生活の乱れ、肉体的や精神的なストレス、免疫力の低下が原因とこれまたあまり明確な原因解明はされていません。
それだけに日常生活、生活環境を見直して、低血圧な彼氏だけじゃなく貴女も一緒に規則正しい生活を送り、健康管理をしましょう。

彼氏の低血圧、原因を知って根本的な解決を

彼氏の低血圧体質を根本的に改善する方法

低血圧の彼氏を改善する方法として、まずは軽い運動を取り入れるようにしましょう。
筋肉を付ける事で体が温まりやすくなるだけでなく、血液を流すポンプの力も強くなります。
ただキツイ運動をし続けるのは逆にストレスの原因になるので、ウォーキング等の有酸素運動を少しずつ生活スタイルに取り入れましょう。
また早寝、早起きの習慣をつけるのも肉体的なストレスの軽減に繋がります。
まずは5分!5分早く寝て5分だけ早く起きる!これから始めて見てはどうでしょうか?

次に食事ですが、偏食が多い人は低血圧も高血圧も引き起こされる可能性があります。
好き嫌いをなくし、何でも食べようというのは子供以外にも有効な「食育」。
特に彼氏の低血圧を改善する上で注意したいのが、朝食抜きな食生活。
ここは朝の目覚めをしっかりとする為にも、彼氏には起きて朝食を摂って貰いましょう。

また体にむくみなどの症状がない場合は、適度な塩分の摂取も行って下さい。
そしてカフェインを摂取する事で、血圧を上げる事も出来ます。
塩分は味噌汁、カフェインはお茶やコーヒー、朝食で摂取する事が簡単ななので、少なくとも休日くらいは一緒に早起きして、美味しい食事を取るようにしましょうね。
どれも摂りすぎる事はいけませんが、適度に摂取する事で確実に低血圧の改善に繋がると思います。

彼氏の低血圧の根本的な改善の為にはまず、彼氏の生活の改善から見直す事が一番手っ取り早い改善方法なのです。

【PR】
アドバイスで彼の反応がここまで変わる!!

《ヤバい、好きな人がどう思ってるかわかるかもw》

「教えてもらったとおりにしたら、好きな人と話しやすくなった」(19歳 大学生♀)
「ずっと既読無視されてたのに、話し方を変えただけで返事がくるようになった」(26歳 事務♀)
「アドバイスされた通りのことを実践するだけで、ここまで彼の反応が変わるのかと参考になりました!!(笑)」(21歳 フリーター♀)

もう恋愛で失敗したくないあなたへ! 期間限定のチャンスを見逃さないで!

《お試しで診断してみる》

人気のキーワード

KEYWORD
今日のゆるにゃんタロット占い

喧嘩中・問題アリの人気記事ランキング

CATEGORY RANKING

今月の人気記事ランキング

RANKING
ページトップへ